【PR】
本ページはプロモーションが含まれています



注目記事
AI美女「藤原れい」が福島県楢葉町の移住促進PR大使(非公認)に就任

近年、芸能人の代替としてAIが注目を集めています。

そのなかで、福島県楢葉町が一線を画す新たな試みに踏み切りました。

2024年2月、福島県楢葉町に衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんと、移住促進PR大使(非公認)に就任したのは、AI美女「藤原れい」だったのです。

AIが地方創生に貢献する時代へ──

藤原れいって誰?

誕生から現在まで

藤原れいは、サイバーエージェント出身の2名からなる企業、Les株式会社が開発したAIモデルです。

2023年5月にInstagramアカウントを開設すると、AIであることを明かさずにわずか1ヶ月半で約1万フォロワーを獲得。

2023年11月には写真集を発売し、TV番組などでも紹介されました。

現在ではフォロワー約3.5万人と、その人気は止まることを知りません。

なぜAIがアンバサダーに?

楢葉町のアンバサダー就任の背景

福島県楢葉町町長「松本 幸英(まつもと ゆきえい)」氏とAIモデル「藤原れい」の2ショットフォト

 

藤原れいがアンバサダーに選ばれた理由は、その多様性にあるそうです。

AIであることは、従来のアンバサダー像とは大きく異なり、地方創生における多様な暮らしや働き方を体現しています。

「藤原れい」がAIであることの多様性が、楢葉町の移住促進のコンセプトにマッチしたことで社会課題の解決のきっかけになると考えられたことから、楢葉町の「移住促進PR大使(非公認)」に就任することとなったそうです。

AIが地方創生に貢献できること

福島県楢葉町の移住促進PR大使(非公認)の賞状授与

 

藤原れいは、Instagramやオフィシャルサイトを通じて、楢葉町の魅力を国内外に発信していきます。

また、AI技術を活用した情報発信やイベント開催など、様々な活動を通じて、地方創生に貢献していく予定です。

AIと人間の共存

近年、生成AI技術は目覚ましい進歩を遂げています。藤原れいのように、AIが社会に貢献していく事例は今後ますます増えていくでしょう。

AIと人間が共存する社会は、もうすぐそこまで来ているのです。

広告展開

藤原れい就任を記念して、2024年3月1日より順次、東京メトロ、常磐線の交通広告が展開されます。

2024年3月1日(金)~ 3月22日(金)
東京メトロ明治神宮前駅 /上野駅 駅デジタルサイネージに登場

2024年3月4日(月)~ 3月17日(日)
JR常磐線トレインチャンネルにて登場

Les株式会社からのコメント

Les株式会社は、「藤原れい」を通じて社会に貢献し、AIとの共存が当たり前になる未来に寄与したいとコメント。

「藤原れい」は楢葉町のアンバサダーとしてだけでなく、様々な社会課題にも挑戦し、AI技術の可能性を最大限に引き出して社会への新たな価値を提案していく計画です。

おわりに

AIと人間の共存は、社会に大きな変化をもたらすでしょう。

藤原れいは、その変化を象徴する存在と言えるかもしれません。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事