【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
赤べこで企業の個性を表現!株式会社ユニフォームネットが始動する「企業”赤べこ”化プロジェクト」

ユニフォーム専門商社の株式会社ユニフォームネットは、創業の地・福島県の文化を広める活動や、地域活性化の取り組みに力を注いできました。

そしてこの度、福島県の民芸品と企業PRを融合させた新たなプロジェクト「企業”赤べこ”化」が始動します。企業の個性をカラフルで愛らしい「赤べこ」に表現するこのプロジェクトは、注目を集めること間違いなしです!

企業赤べこ化プロジェクト「ロゴベコ」とは

地域の伝統文化を活かした取り組みとして、2024年4月に始動

株式会社ユニフォームネットが、福島県の郷土玩具である「赤べこ」を使った企業PRプロジェクトをスタートさせました。このプロジェクトでは、企業のロゴやイメージカラーをもとにしたデザインを施したオリジナルの「ロゴベコ」を製作します。これらのベコはプロモーショングッズやイベントグッズ、取引先への贈答など、様々な用途に活用できます。

 

赤ベコとは

福島県会津若松市の郷土玩具で、厄除けや縁起物として親しまれる

「赤べこ」は福島県会津若松市の伝統的な郷土玩具です。地元では厄除けや縁起物として親しまれ、全国的にも知名度が高いお土産アイテムです。最近では様々な工房でさまざまなデザインの赤べこが作られ、工芸品としても注目を集めています。

ロゴベコアイテム情報

  • サイズ: 縦80mm×横130mm×幅60mm
  • デザイン: 株式会社ユニフォームネット
  • 作成: 株式会社アカベコランド(福島県会津若松市)
  • ロット: 30個〜
  • 作成日数: 約一か月半

ロゴベコは、赤べこの発祥地である福島県の工房で製作されます。紙と水をミキサーにかけて離解し型に流して土台を作る方法で作られ、工芸品ならではの温かみを残した仕上がりとなっています。

アカベコランドでの初展示

2024年4月6日に福島県会津若松市でオープン

ロゴベコの制作を担当するアカベコランドが手掛けた観光施設が、2024年4月6日に福島県会津若松市でオープンしました。この施設では、実際のロゴベコを展示するコーナーが設けられ、随時新作も追加展示されます。赤べこの魅力を存分に楽しめる場として、地域のみならず多くの方々に親しまれることでしょう。

企業”赤べこ”化プロジェクトの背景

福島県の「らしさ」をPRに活用

株式会社ユニフォームネットは、福島県郡山市で創業し、地域の文化や魅力をPRする活動に注力してきました。企業”赤べこ”化プロジェクトは、企業の個性を表現しつつ地域の伝統を尊重し、地域活性化にも一役買う取り組みです。アカベコランドとの連携を通じて、新たな魅力を発信し、地域と企業の活力を高めていきます。

プロジェクト概要

プロジェクト名 企業”赤べこ”化プロジェクト
開始時期 2024年4月
概要 福島県の郷土玩具・赤べこに企業のロゴやイメージカラーをもとにしたデザインを施し、プロモーショングッズや周年イベントグッズ、取引先への贈答といった様々な用途に役立つ企業オリジナル赤べこを製作する。
プロジェクト主催企業 株式会社ユニフォームネット
制作担当 株式会社アカベコランド(福島県会津若松市)
ロゴベコアイテム情報
  • サイズ:縦80mm×横130mm×幅60mm
  • 作成:株式会社ユニフォームネット
  • ロット:30個~
  • 作成日数:約一か月半
  • 制作工程:下地作りや着色、組立は福島県の工房で行われ、紙と水をミキサーにかけて離解し型に流して土台を作る。
初展示 アカベコランドが手掛けた観光施設(福島県会津若松市)にて、2024年4月6日にオープン。ロゴベコの実物を展示中。

まとめ

株式会社ユニフォームネットとアカベコランドのコラボレーションは、企業の個性と福島県の伝統が見事に融合し、新たな魅力を生み出しています。このプロジェクトを通じて、地域の文化を広く発信し、企業の皆さまにも新たな広告手法の可能性を提案していきます。赤べこの温かみあふれる魅力に触れながら、地域と企業が共に成長する姿をお楽しみに!

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事