【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
福島復興プロジェクト「JAPAN FUKUSHIMA WOOL」オーダースーツ 第二弾が、限定30着で発売開始!

株式会社コナカのオーダースーツブランド「DIFFERENCE(ディファレンス)」が、福島県葛尾村で刈り取った100%国産ウールを使用した「JAPAN FUKUSHIMA WOOL」オーダースーツの第二弾を発売開始するそうです。

昨年の第一弾が大好評を博し、多くのお客様からのリクエストに応えて、今年も限定30着の販売が決定。福島復興と共に、贅沢な一着を手に入れるチャンスをお見逃しなく!

日本初の国産ウール100%オーダースーツ誕生

株式会社コナカ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長CEO:湖中謙介)が展開する「DIFFERENCE」は、日本で初めて100%国産ウールを使用した「JAPAN FUKUSHIMA WOOL」オーダースーツの第二弾を6月29日(土)より全店舗で発売開始するそうです。

このオーダースーツは、昨年の限定12着の発売で多くのお客様から高評価を受け、今年も引き続きご注文を承るそうです。

また、今回は福島県内の「紳士服コナカ」9店舗でも取り扱いを開始し、より多くの方に手に取っていただけるようになりました。

福島復興を支えるプロジェクトの背景

「JAPAN FUKUSHIMA WOOL」オーダースーツは、福島復興の一環として誕生したそうです。

福島県葛尾村の羊牧場で刈り取った原毛を使用し、県内の牧羊産業を支援するために製造されました。

国内に飼育されている約2万頭の食肉用羊のウールは、通常衣料用に適さないとされていましたが、福島復興のために国内の匠の技術を結集し、100%国産ウールの梳毛織物化に成功しました。

このウールを使用して、国内の工場でオーダースーツの縫製を行っています。

特別な製造工程で生まれる高品質なスーツ

原料から糸へ

「JAPAN FUKUSHIMA WOOL」オーダースーツの原料は、食肉用のサファーク種やロムニー種のウールです。

これらの羊は室内飼育されており、紫外線による損傷が少ない理想的な健康ウールです。牧場では原毛の有効利用の経験がないため、手作業で汚れや不要な部分を除去し、洗毛を行います。国内には専門工場がないため、染色機を利用した洗浄を数回繰り返し、ようやく前紡工程に進めることができました。

糸へと紡ぐ工程

前紡工程で平行に揃えられたウールの束を引き伸ばしながら細い篠にして、紡績機で撚りをかけ糸にします。

通常のスーツ地の糸に比べて太いため、1gあたりの長さが27mとなり、糸切れも多発しましたが、試行錯誤を重ねて糸を完成させました。最終的に70kgの原毛から24kgの糸(歩留まり34%)を作り出すことに成功しました。

織物の製造

通常、スーツ地には双糸が使用されますが、今回の糸は太いため単糸を使用。

強度不足を補うために水溶性のビニロンフィラメントを3重に巻くことで織物にしました。これにより、強度と美しさを兼ね備えたスーツ生地を完成させました。

商品概要と限定販売情報

「JAPAN FUKUSHIMA WOOL」オーダースーツの素材は国産ウール100%で、ブラックとネイビーの2色展開。

生地目付けは280g/mで、秋冬春の3シーズンに対応しています。販売価格は上下オーダーで275,000円(税込)となり、限定30着の販売です。

取扱店舗はDIFFERENCE全店舗と福島県内の紳士服コナカ9店舗です。

素材

  • 国産ウール100%

カラー

  • ブラック
  • ネイビー

糸番手

  • タテ糸 1/27 × ヨコ糸 1/27

生地目付け

  • 280g/m(秋冬春 3シーズン対応)

織組織

  • 2/2綾織

販売価格

  • 上下オーダー価格 275,000円(税込) 国内縫製

販売着数

  • 限定30着

取扱店舗

  • DIFFERENCE全店舗、福島県内の紳士服コナカ9店舗

おわりに

「JAPAN FUKUSHIMA WOOL」オーダースーツは、福島復興のシンボルであり、高品質なスーツを求める方におすすめな一着です。国内の匠の技術と福島県葛尾村の原毛を使用したこの特別なオーダースーツを手に入れて、福島復興の一翼を担いませんか?

限定30着のため、お早めにお近くのDIFFERENCE店舗または福島県内の紳士服コナカでご注文ください。

【PR】


おすすめの記事