【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
福島市、子育てDXでさらなる便利さを実現!オンライン予約・質問票サービスが5月から7月にかけて順次スタート!

~「子育てするなら福島市」を目指し、アプリで妊娠届や健診予約が可能に!~

福島市は、デジタル技術を活用した子育て支援策として、今まで以上に便利な「オンライン予約サービス」と「質問票サービス」を導入することを発表しました。これらのサービスは、母子手帳アプリ「母子モ」の追加機能として利用可能となり、5月から7月にかけて順次運用開始されます。

 

■ 福島市の子育て支援

福島市は、「子どものえがお条例」に基づき、子どもたちの笑顔あふれる未来のために、様々な子育て支援策に取り組んでいます。その一環として、2019年8月から母子手帳アプリ「母子モ」を導入し、情報提供や予約機能などを提供してきました。

今回新たに導入される「オンライン予約サービス」と「質問票サービス」は、「母子モ」の追加機能として利用可能となり、保護者はアプリ上で以下のような手続きが可能になります。

  • 妊娠届出書の提出
  • 母子手帳交付の面談予約
  • 妊娠8カ月アンケートの提出
  • 1歳6カ月児と3歳児の集団健診の予約

これらのサービスの導入により、保護者はわざわざ窓口に出向かなくても、自宅で簡単に手続きができるようになります。また、健診会場での待ち時間も削減されることが期待されています。

■ 導入の背景

福島市は、デジタル技術を活用した子育て支援策として、これまでにも様々な取り組みを進めてきました。その中で、今回導入された「オンライン予約サービス」と「質問票サービス」は、保護者の負担軽減と利便性の向上を目的としています。

従来、妊娠届や健診の予約は窓口で行う必要がありましたが、今回のサービス導入により、アプリ上で簡単に手続きできるようになります。また、健診会場での待ち時間も削減されることが期待されています。

■ サービス内容

1. オンライン予約サービス

このサービスは、1歳6カ月児と3歳児の集団健診の予約に利用できます。保護者は、アプリ上で受診希望日時の選択や、氏名、連絡先など必要事項を入力することで、24時間どこからでも予約が可能となります。

2. 質問票サービス

このサービスは、妊娠届出書の提出、母子手帳交付の面談予約、妊娠8カ月アンケートの提出に利用できます。保護者は、質問票やアンケートをオンラインで記入・提出できるほか、来庁予約もアプリから可能となります。

■ 期待される効果

保護者の負担軽減
利便性の向上
健診会場での待ち時間の削減
妊娠届や母子手帳交付手続きの迅速化
妊娠8カ月アンケートの回答率向上

■ 今後の展望

福島市は、今後も子育て世帯の負担軽減と利便性の向上を目指し、様々な取り組みを進めていく予定です。具体的には、以下のような取り組みが考えられます。

  • 他の健診や予防接種予約のオンライン化
  • 子育てに関する情報提供の充実
  • オンライン相談サービスの提供

■ 今後の展望

福島市は、今後も子育て世帯の負担軽減と利便性の向上を目指し、様々な取り組みを進めていく予定です。

■ まとめ

福島市が導入する「子育てDX」の「オンライン予約サービス」と「質問票サービス」は、保護者にとって非常に便利なサービスです。これらのサービスを活用することで、子育てがよりスムーズになることが期待されます。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事