【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
福島に馬の居場所を!「うまのまち」プロジェクト始動!

~馬と人々が繋がる、南相馬市の新たな拠点へようこそ~

東日本大震災から10年以上が経ち、復興への歩みを続ける福島県南相馬市。そんな南相馬市に、馬と人々が繋がる新たな拠点が誕生しようとしています。

一般社団法人Horse Valueは、福島県南相馬市小高区において、「うまのまち」プロジェクトを始動しました。このプロジェクトでは、東日本大震災後ほとんど使用されていなかった造園会社の事務所兼倉庫を改築し、厩舎・馬場・事務所を建設。馬を用いた事業を通じて、地域活性化や人々の笑顔づくり、そして馬との共存を目指します。

クラウドファンディングで夢を叶えよう!

この「うまのまち」プロジェクト実現のため、クラウドファンディングによる支援を募っています。

目標金額は300万円。支援いただいた資金は、厩舎・馬場の改修費用や馬の購入費用などに充当されます。

プロジェクトの背景

Horse Valueは、「馬の社会的価値を高める」をビジョンに、馬を用いたビジネスを通じて様々な社会課題を解決していく団体です。

これまで南相馬市小高区内の厩舎を賃貸契約にて使用し活動してきましたが、事業拡大・当社のビジョン実現を加速するために新設厩舎を建設し、以下の3つのミッションを掲げ活動することと致しました。

  • 馬との関わりで社会に笑顔を増やし、人や組織にパワーを注入する
  • 馬と共に震災を超えて新たな挑戦の場となった地域の力になる
  • 馬との生活を支えてきた伝統文化「相馬野馬追」との共存

新設厩舎で叶える3つの夢

新設厩舎では、3つのミッション達成のための設備を充実させる予定です。

 

1. 馬との関わりで笑顔とパワーを

Horse Valueが開発・実践してきたホースミラーリングセッションという研修事業は、馬との関わりを通じて人間関係や組織の課題を解決するプログラムです。

チームビルディング研修やリーダーシップ研修として、自治体や企業から好評を得ています。

新設厩舎では、ワークスペースを充実させ、より快適で学びが深まる環境を提供します。

2. 地域の新たな拠点として

厩舎前のスペースはイベント会場として活用し、地域住民や観光客が馬と触れ合える場を提供します。

馬と関わりながら飲食を楽しんだり、地域事業者の活動に触れたり、馬を通して地域を繋ぐ拠点を目指します。

3. 相馬野馬追と共存する

Horse Value代表の神瑛一郎氏は、昨年までの2年間地元の象徴である相馬野馬追に参加しています。

今回厩舎を新設する川房地域は、東日本大震災以降、相馬野馬追に出陣する人馬がいませんでした。本年、新設厩舎を拠点として出陣することが決まっており、地域の方から熱い応援を受けています。

持続可能性へのこだわり

Horse Valueは、持続可能性を重視した厩舎を目指しています。馬の飼料を施設内の畑で栽培・加工し、馬の排泄物を肥料として利用することで、循環型社会の中での馬の飼育のロールモデルとなっていくことが目標です。

クラウドファンディング概要

プロジェクト名 「うまのまち」福島県南相馬市で伝統と共存し、馬と新しい挑戦をする場を創りたい!
目標金額 3,000,000円
期間 2024年4月25日(木)〜2024年6月30日(日)

おわりに

あなたも「うまのまち」プロジェクトを応援しよう!

福島県南相馬市に、馬と人々が繋がる新たな拠点「うまのまち」を誕生させましょう!

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事