【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
福島県最大、創業大正12年の鮮魚店「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」が一新!地域密着の体験型「常磐もの」を発信

福島県いわき市にある老舗鮮魚店、「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」が、創業100周年を迎えて大胆なリニューアルを果たしました。

地域密着型の体験型鮮魚店として生まれ変わったこの店舗は、「常磐もの」という地域の誇りを広く発信する拠点となり、福島県の美味しい水産物を世界に知らしめる新たな一歩となっています。

2024年4月26日についにリニューアルオープン!

4月26日のリニューアルオープンには、多くのお客様が詰めかけました。長蛇の列ができるほど、お客様の期待は高いものでした。
リニューアルオープンした「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」は、以前とは全く異なる空間へと生まれ変わりました。

 

オープニングセレモニーのテープカットの様子

~創業100周年の節目に、新たな挑戦~

福島県いわき市で100年以上の歴史を持つ鮮魚店「株式会社おのざき」は、2024年4月26日、旗艦店である「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」を大規模リニューアルオープンしました。今回のリニューアルでは、単なる鮮魚店の枠を超え、「地域密着の体験型鮮魚店」へと進化を遂げました。

「接客」を重視する創業の精神

「おのざき」は、創業当時から「お客様とのコミュニケーションを大切にする」という理念を掲げてきました。今回のリニューアルでも、その理念を継承し、あえて非効率な対面販売コーナーを拡充しました。また、100年以上続くいわきの伝統「かつおの火山」コーナーを新設し、お客様に新鮮な魚介類の美味しさと、いわきの文化を体感していただける場を提供しています。

「常磐もの」の魅力を発信

福島県沖は親潮と黒潮がぶつかる「潮目の海」であることから、良質なプランクトンが豊富に湧き、魚介類が育ちやすい環境となっています。そこで水揚げされる魚介類や水産加工品は「常磐もの」と呼ばれ、その美味しさはプロも認めるほどです。

リニューアルオープンした「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」では、「常磐もの」を前面に打ち出し、その魅力を発信しています。鮮魚コーナーには常磐ものが目立つように陳列され、常磐ものシールが目印のパック詰め商品も販売されています。また、店内には常磐ものに関するポスターが掲示され、お客様が自然と「常磐もの」という言葉に触れることができるようになっています。

「潮目食堂」で常磐ものを使った海鮮丼を堪能

「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」には、併設する「潮目食堂」があります。潮目食堂では、常磐ものや旬の魚介類を使った新鮮な海鮮丼を低価格で提供しています。

 

リニューアルオープンに伴い、席数が以前の2倍以上に増床され、店内も広々とした空間となりました。

また、新たに「海鮮8種丼」など、常磐ものを使った8種類のネタを楽しめるメニューが登場しています。

「100の改善案」でさらなる顧客満足度向上を目指す

創業100周年にちなんで、スタッフ自らが100個の改善案を考え出し、お客様目線に立った接客を提供しています。

例えば、「お客様とすれ違う際は『いらっしゃいませ/こんにちは』をアイコンタクトで言うようにする」や、「お客様が丸魚を取ろうとしていたら、なるべく代わりに取り、コミュニケーションを図る」など、細部にまでこだわったおもてなしを実践しています。

海産物専門店ならではの体験型イベント

「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」では、海産物専門店ならではの体験型イベントを定期的に開催しています。

100年以上続くいわきの伝統「かつおの火山」の実演は、オープンキッチンで行われ、お客様から大好評を博しています。

 

また、まぐろ解体ショーやあんこうのつるし切りショー、魚に関するワークショップなども開催予定です。

店舗情報

おのざき 鮮場やっちゃば平総本店
住所 〒970-8026 福島県いわき市平正内町80−1
営業時間 8時30分~19時

まとめ

創業100年を迎えた「株式会社おのざき」は、「おのざき鮮場やっちゃば平総本店」のリニューアルオープンを機に、地域密着の体験型鮮魚店へと生まれ変わりました。「常磐もの」の魅力を発信し、お客様に新鮮な魚介類の美味しさと、いわきの文化を体感していただける場を提供していきます。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事