【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
【2024年最新】空き巣対策と空き巣が嫌がる・狙われにくい家の秘訣!前兆・件数・検挙率を徹底解説


楽天スーパーセール! P最大46倍 6月11日1時59分まで

家庭の安全を守るために欠かせないのが、空き巣対策。2024年最新のデータをもとに、空き巣に狙われにくい家のポイントや効果的な対策グッズ、空き巣の前兆や件数、検挙率について徹底解説します。家のセキュリティを高めて、安心・安全な生活を手に入れましょう。

空き巣の前兆とは?気を付けるべきポイント

空き巣被害を未然に防ぐためには、下見や前兆に注意が必要です。マーキングや不審な電話、留守中の確認など、空き巣が犯行前に行う行動について解説します。

1. マーキングがされている

空き巣は侵入先をマークすることがあります。表札や玄関周辺、窓ガラスなどに不自然なマーキングやシールがある場合は要注意です。不審な印が見つかった場合は、速やかに警察に通報しましょう。玄関の表札部分やドアの縁の部分、インターホン、電気・ガスメーター、部屋番号プレートなどの目立ちにくいところに、シールを貼ったり、記号を書いたりします。

2. 不審な電話がかかってくる

犯行計画を進める空き巣は、事前に住民の生活パターンや留守中の時間を知りたいと考えます。そのため、不審な電話がかかってくることがあります。特に身に覚えのない電話や急なアンケートには注意が必要です。

3. 不審者を見かける

近隣の異常な行動に気付くことも重要です。不審者が近くに出没している場合は、直ちに警察に通報し、近隣住民にも情報を共有しましょう。地域の連携が空き巣対策に有効です。

4. 在宅確認のためにインターホンがならされる

空き巣は侵入前に住民が在宅かどうかを確認することがあります。インターホンがならされたり、玄関が叩かれたりする場合は警戒が必要です。留守を装って対応せず、警察に通報しましょう。

これらのポイントに留意することで、空き巣の前兆に気づき、効果的な対策を講じることが可能です。近隣との情報共有や地域コミュニティの協力も大切にし、安全な生活環境を築いていきましょう。

空き巣が狙う家の特徴と下見ポイント

空き巣は慎重に狙いを定めます。人通りが少ない場所や入りやすい家、留守がちな家など、空き巣が狙う家の特徴と下見ポイントを詳しく解説します。

1. 人通りが少ない場所

空き巣は被害を広げずに逃げるため、人目が少ない場所を好みます。住宅地や商業地域においても、夜間や昼間の人通りが少ないエリアは特に警戒が必要です。通学路や商店街の近くなど、常に人の往来がある場所が安全です。

2. 入りやすい家

空き巣は侵入しやすい家を選びます。高いフェンスや視界の悪い場所、隣家との距離が離れている一軒家など、簡単に侵入できる状況を好む傾向があります。家の周りに防犯対策を施すことで、空き巣の興味をそらしましょう。

3. 留守がちな家

留守がちな家は空き巣にとって狙いやすい条件です。共働きの家庭や長期間家を空けることが多い家は、侵入のリスクが高まります。近所との協力やセキュリティ対策で、留守を装いにくくしましょう。

4. お金がありそうな家

外から見た印象が重要です。豪華な車が駐車していたり、高級な家具が見える窓からは、お金が豊富にあると誤解されやすいです。控えめな生活スタイルや、高価な物の目立たない収納が重要です。

下見ポイント

1. 家の人は留守か

侵入する前に、空き巣は住人が留守かどうかを確認します。車の有無や玄関周りの様子、照明の利用などが留守を示すサインです。

2. 入りやすく逃げやすい家か

家の外観や周辺環境を注意深く観察します。侵入経路や逃走経路が確保されていると、空き巣にとって都合が良いと判断されます。

3. 通りや隣近所からの見通しはどうか

家の周囲からの見えやすさも重要です。隣近所から見られにくい家は、空き巣にとって作業がしやすくなります。

これらの特徴やポイントに気を付けることで、自宅を空き巣から守るための対策を講じることができます。防犯対策の重要性を理解し、安全な生活空間を築く努力を惜しまないようにしましょう。

空き巣被害件数と検挙率

住宅侵入犯罪が増加傾向、注意が必要

2023年上半期の刑法犯認知・検挙状況が発表され、認知件数は前年同期比で21.1%増加して33万3,003件となりました。特に注目すべきは、「侵入犯罪」の増加です。上半期の侵入犯罪は2万7,741件で、前年同期比で28.0%増加。その中でも住宅侵入盗に限定すると、認知件数は8,839件で、2021年や2022年の同時期を上回っていることが確認されました。

検挙率

2022年から2023年の期間、窃盗事件の検挙率は注目される数字となりました。警察が認知した窃盗事件は38万1,769件。そのうち検挙された件数は16万1,016件で、検挙率は42.2%となっています。この数字から警察の効果的な対応がうかがえます。

空き巣対策グッズと効果的な使用法

アパートや一軒家、マンションに適した空き巣対策グッズを紹介します。防犯フィルムやセンサーライト、防犯カメラなど、どのアイテムがどの場所に適しているかを解説します。

1. 防犯フィルム

  • 効果的な場所:
  • 使用法: 透明で窓ガラスを補強し、簡単に割れにくくします。窓からの侵入を防ぎます。

2. センサーライト

  • 効果的な場所: 玄関、庭、通路
  • 使用法: 暗い場所に取り付け、動きを感知すると自動で点灯。不審者を威嚇します。

3. 防犯カメラ

  • 効果的な場所: 玄関、エントランス、駐車場
  • 使用法: 重要なエリアに設置し、24時間監視。侵入者の記録として有効です。

4. 防犯ステッカー

  • 効果的な場所: 玄関、窓、ドア
  • 使用法: 目につく場所に貼り付け。見かけるだけで空き巣を寄せつけません。

5. 補助鍵

  • 効果的な場所: 玄関、裏口
  • 使用法: 通常の鍵に加え、補助鍵で二重のセキュリティ。不正な侵入を難しくします。

これらの対策を組み合わせて使用することで、効果的な空き巣対策を実現できます。安全で安心な生活を築くために、定期的な点検やメンテナンスもお忘れなく。

家の形状別!狙われにくい家づくりのポイント

一軒家やアパート、マンションなど、住まいの形状によって異なる狙われやすさがあります。それぞれの家づくりのポイントを紹介し、安全な生活空間を確保する方法を提案します。

狙われやすいのは、一戸建て住宅です。

家の形状別!狙われにくい家づくりのポイント

住まいの形状によって、狙われやすさが異なります。一軒家、アパート、マンションなどそれぞれの家づくりのポイントを紹介し、安全な生活空間を確保する方法を提案します。

1. 一戸建て住宅

狙われやすいポイント:

  • 広大な敷地: 空き巣が逃げやすく、不用意に侵入しやすい。
  • 人目につきにくい場所: 隠れ家が多く、侵入者が見つかりにくい。

狙われにくくするポイント:

  • 防犯カメラの設置: 玄関や庭に防犯カメラを設置し、監視範囲を広げる。
  • センサーライトの活用: 夜間、動きを感知するセンサーライトを設けて不審者を威嚇する。

2. アパート

狙われやすいポイント:

  • 共用エリアの不備: 共用のエントランスや階段、駐車場が不十分で、不正な侵入が可能。

狙われにくくするポイント:

  • 共用エリアの監視: 共用エリアに防犯カメラを設置して、不審者を早期に発見する。
  • 入退室の厳重管理: 自動ドアやエレベーターのセキュリティを向上させ、不正な入退室を防ぐ。

3. マンション

狙われやすいポイント:

  • 共用施設の利用不足: 駐車場やエントランスのセキュリティが脆弱。

狙われにくくするポイント:

  • 住民の連携: マンション内での防犯意識を高め、住民同士で不審者情報を共有する。
  • 共用施設の改善: 駐車場やエントランスにセキュリティシステムを導入し、監視体制を強化する。

 

各住まいの形状に応じた防犯対策を実施することで、安全で安心な生活を築くことができます。地域と住民の協力が不可欠なので、コミュニケーションを大切にしましょう。

実際に被害な遭ったリアルな声

車の盗難急増中!注意すべき最新の手口と防犯対策

家の空き巣が怖いのはもちろんですが、最近では車の盗難も増加傾向にあります。特に高級車や人気の車種は狙われやすく、盗難被害に遭わないようにするためには注意が必要です。ここでは、車の盗難に関する現状や対策について解説します。

車の盗難被害はどれくらい起きている?

車の盗難被害は、2003年をピークに減少していますが、2021年には全国で年間5,000件以上の被害が報告されています。特に高級車や人気車は狙われやすいため、盗難対策が重要です。

注意したい車の盗難手口

  1. オーソドックスな手口:
    • 窓ガラスの割り方や針金での開錠など、伝統的な手口。
    • キーがつけっぱなしの車や、自宅からキーを盗む手口も注意が必要。
  2. 新しい手口:
    • リレーアタック: スマートキーの電波を中継して車を盗む手法。
    • CANインベーダー: 車の伝送路に侵入し、ECUを乗っ取って制御する手法。
    • イモビカッター: イモビライザーを無効化して車を盗む手法。
    • コードグラバー: 車から発せられる電波を解析し、鍵を複製して車を盗む手法。

車の盗難防止グッズの種類

  • 物理的な封じ込めグッズ:

ハンドルロック: ハンドルを物理的に固定して動かなくする。

タイヤロック、ホイールロック: タイヤやホイールに取り付け、盗み出しを困難にする。

  • セキュリティ関連グッズ:

カーセキュリティ、セキュリティアラーム、セキュリティライト: 車に異常があると警報が鳴り、ランプが点灯する。

3段音量調節 Onvian バイク 防犯アラーム カーセキュリティ 自転車 バイク 盗難防止 セキュリティアラーム 3段階音量調整 7段階感度調整 113dB音量 SOS機能 取り付け簡単 バイク/自動車/自宅/ドア/窓用/ドロボー/道路族対策 防犯アラーム 日本語説明書 ブラック
  • 電子デバイス:

イモビライザー: キーと車のIDが一致しないとエンジンを始動させないシステム。

センサーライト: 動く人を感知して点灯するライト。

  • その他の対策:

車用カバー: 車を覆うことで車種がわからなくなり、盗難リスクが低減。

盗難防止ステッカー: 対策していることを示すステッカー。

テクノロジーグッズ:

スマートタグ(AirTagなど): 車に取り付けて位置を確認しやすくする。

追跡アプリ: GPSで追跡可能なアプリを利用。

車両追跡サービス: GPS発信機を使った追跡サービス。

車の盗難防止グッズを選ぶ時のポイント

複数のグッズを組み合わせて使うことが効果的。例えば、タイヤロックと盗難防止ステッカー、スマートタグなどを組み合わせ、物理的な防犯対策とテクノロジーを結びつけることで、犯罪者を阻止できる可能性が高まります。

万が一車の盗難被害にあってしまった時の対応の流れ

  1. 警察に届け出る: 盗難届を提出し、警察に被害を報告する。
  2. 保険会社に連絡する: 自動車保険に加入している場合、契約内容に応じて保険金が支払われる可能性がある。
  3. 税関に連絡する: 盗まれた車が海外に流れる可能性があるため、税関にも情報を提供する。
  4. 一時抹消登録をする: 車両を抹消登録し、各種税金の発生を停止させる。

基本的な防犯対策をした上で、自動車保険にも加入しよう

基本的な施錠や物理的な封じ込め対策を徹底した上で、自動車保険に加入することで、盗難被害に備えることができます。保険は落ち着いて対応できるようなるべく早めに加入しておくことが重要です。

おわりに

空き巣被害から身を守るためには、正しい知識と適切な対策が必要です。2024年の最新データを踏まえ、家のセキュリティを見直しましょう。安全な生活を手に入れるために、空き巣対策に積極的に取り組んでいきましょう。

【PR】


おすすめの記事