注目記事
福島発!大江戸温泉物語が贈る贅沢温泉体験、Premium 山下家が2024年4月に待望のオープン

【PR】

大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社が、福島発祥の老舗温泉宿「山下家」をリニューアルし、2024年4月22日に【大江戸温泉物語Premium 山下家】がグランドオープンします。石川県加賀市に位置するこの宿では、上質な時間と豪華な温泉を楽しむことができます。2024年1月8日(月)より予約受付が開始されました。以下で、新しいプレミアム体験の魅力や特徴をご紹介します。

福島発!大江戸温泉物語が贈る贅沢温泉体験

Premium 山下家が2024年4月に待望のオープン

大江戸温泉物語の歴史と取り組み

大江戸温泉物語は2007年3月に福島県会津若松市に第1号宿「あいづ」を開業し、35の温泉宿でお客様をお迎えしています。消費者調査を通じて、利用者だけでなく新たな利用者にもアプローチ。2023年には2ブランド2シリーズに分類し、豊富なラインアップで全国に広がりました。

大江戸温泉物語Premium 山下家 - 基本情報

オープン日 2024年4月22日(月)
所在地 石川県加賀市山代温泉18-124
総客室数 108室(定員677名)
宿泊料金 13,100円(税込)~ ※1室大人2名利用時の1名料金
予約開始日 2024年1月8日(月)
ご予約方法

Premium 山下家の魅力

石川県加賀市に位置する山代温泉は、開湯約1300年の歴史を誇る老舗温泉地。ここに建つ「Premium 山下家」は、加賀藩主ゆかりの老舗温泉宿の伝統を守りつつ、2024年4月に新たな一歩を踏み出します。

リニューアルのポイントとして以下が挙げられます:

1. 最上階大浴場「加賀天空の湯」

左:山の端に沈みながら、加賀の街並みを幻想的に染め上げる夕日を見ながら、非日常の湯あみを。
右:眼下の街灯りや頭上の月や星を眺める夜の入浴は時間を忘れるひととき。

最上階に位置する大浴場がリノベーション。男女別露天風呂を一つにまとめ、天空露天風呂に内湯とサウナを併設。毎日60トンもの温泉が注がれ、昼と夜で異なる風景と一緒にお楽しみいただけます。

左:新たに登場する内湯からも加賀の街並みを眼下に収める入浴を。
右:内湯の洗い場も拡張し、利便性を向上いたします。

2. プレミアムラウンジ

「プレミアムラウンジ」では、到着時にはコーヒーや加賀棒茶、お風呂上がりにはアルコールやアイスキャンディーが自由に楽しめる癒しの空間を提供。高い天井と老舗の意匠が調和したラウンジで、何度でも利用可能です。

3. 客室

従来の和室に加え、新たに和ベッドルームが登場。ソファの寛ぎスペースとベッドの就寝スペースを兼ね備え、ナチュラルな雰囲気でお寛ぎいただけます。

2024年3月16日には北陸新幹線が石川県・金沢駅から福井県・敦賀駅まで延伸。最寄り駅の加賀温泉駅もその停車駅となり、アクセスが一層便利になります。

新しい「Premium 山下家」で、歴史とモダンな快適さが融合した上質な温泉宿を存分にお楽しみください。

お得な予約方法

まとめ

2024年4月22日に迫った【大江戸温泉物語Premium 山下家】のオープン。伝統ある温泉地でありながら、最新の設備とサービスでリニューアルされ、新しい体験が待っています。福島発祥の大江戸温泉物語が手がけるこのPremium 山下家では、歴史を感じながらも、モダンな快適さを追求。最上階の大浴場からの眺めや、プレミアムラウンジでの贅沢なひととき、そして新しい和ベッドルームでのくつろぎが、旅行者に特別な思い出を提供するでしょう。

大江戸温泉物語は、35の温泉宿で多様な宿泊体験を提供しています。その中でもPremium シリーズは、他の3軒と共に山下家が仲間入りし、北陸地方初出店として期待を集めています。岐阜県、新潟県、兵庫県に続く、Premium 山下家のオープンは、観光や温泉旅行が楽しめる新たな選択肢となるでしょう。

また、リニューアルの際には、山代温泉の歴史を感じさせる「古総湯」や地元の人が利用する公衆浴場「総湯」に隣接する立地も魅力の一環です。これにより、訪れる宿泊者は温泉街の雰囲気を満喫できるだけでなく、地元の文化に触れることもできるでしょう。

Premium 山下家は、2024年3月16日に延伸される北陸新幹線の停車駅である加賀温泉駅が最寄りとなり、アクセスが一層向上します。春の訪れとともに、新たな温泉体験を求めて、ぜひ足を運んでみてください。

最後に、大江戸温泉物語の宿泊予約は公式サイトや電話予約が可能です。早期予約でお得なキャンペーンも開催されているので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめの記事