【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
読売旅行が第2回「JATA SDGsアワード」大賞を受賞!福島県「浜通り」地域の復興ツアーが評価

福島県「浜通り」地域の魅力を体験!読売旅行が大賞を受賞した理由とは

株式会社読売旅行(代表取締役社長 貞広貴志)が、第2回「JATA SDGsアワード」大賞を受賞したそうです。

この賞は、一般社団法人日本旅行業協会(JATA)が主催するもので、旅行業界における持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた取組みを評価するものです。

読売旅行の福島県「浜通り」地域をテーマにしたツアーが、経済・産業部門の優秀賞の中で最も優れた活動として評価され、大賞を受賞しました。

福島県「浜通り」地域の風評払拭と復興を目指して

 

新工場見学ツアーで地元経済をサポート

読売旅行のツアー「ふくしま常磐をまるごと味わう旅」では、震災後に帰還困難区域だった双葉町に新設された工場を見学します。

この工場見学は、SDGs目標8.9に関連し、働きがいや経済成長、産業の基盤作りを学ぶ機会となります。地域経済を支える新たな産業の発展を目の当たりにすることで、参加者は地元の努力と進展を実感できます。

農業再生の現場を体験

広野町のバナナ栽培やいわき市のトマト農園を訪れる体験もツアーの一環です。

SDGs目標9.10.17に関連し、農業再生の過程や地元連携の重要性を学びます。バナナ栽培の見学やトマト収穫体験を通して、農業の新たな挑戦と成功を間近で感じることができます。

地元の味覚で風評払拭

ツアーでは、「常磐もの」と呼ばれる地元産の海産物や農産物を味わうことができます。

SDGs目標12.14に関連し、安全性や豊かさを実感する食体験を提供します。地元の新鮮な食材を楽しむことで、風評払拭を促進し、参加者に地域の魅力を再発見させることを目的としています。

観光を通じた地域貢献

ツアーの体験重視の行程や地元名産品の購入は、震災からの復興や地域のまちづくりの持続に貢献します。

SDGs目標11.12に関連し、観光を通じて地元に直接的な利益をもたらすことを目指しています。参加者は、地域の発展に寄与することで、自身も復興の一翼を担うことができます。

読売旅行の取り組みが評価された理由

読売旅行の取り組みは、震災で大きな打撃を受けた福島県「浜通り」地域の魅力を再発見し、風評払拭と復興を目指すものです。

このツアーは、観光を通じて地域経済の発展をサポートし、持続可能な開発目標の達成に向けた具体的な行動を示しています。その結果、第2回「JATA SDGsアワード」の大賞を受賞することとなりました。

今後の展望

観光業界におけるSDGs達成のモデルケースとして、今後も注目されるでしょう。

【PR】


おすすめの記事