【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
福島県内で住みたい田舎ランキング3位のエリア、東北初の平屋分譲戸建住宅、2024年3月供給開始

福島県内で住みたい田舎ランキングで堂々の3位に輝くエリア、南相馬市。この魅力的なエリアに、東北初となる平屋分譲戸建住宅が誕生するらしいですよ!一建設株式会社が手がけるこの新プロジェクトは、2024年3月より供給がスタート。

平屋っていいですよね。最近ではおしゃれな平屋も増えてるみたいだし、将来を考えても平屋のほうが~ってよく聞くようになりました。

一建設がどのような平屋を?詳細をご紹介いたします。

【詳細記事】: 南相馬市公式ウェブサイト(「2024年版 第12回 住みたい田舎ベストランキング」にランクインしました

平屋のニーズ急増!福島県に初の一建設プロジェクト

福島県は、移住相談の件数で全国3番目に多く、東北エリアではトップの1万7,267件。特に南相馬市では、2020年以降平屋の着工棟数が急増し、住宅需要の高まりが顕著です。一建設はこうした動向を踏まえ、福島県で初となる平屋分譲戸建住宅を2024年3月より供給開始する運びとなったそうです。

南相馬市の魅力と一建設の平屋へのこだわり

 

南相馬市は、福島県内で住みたい田舎ランキングで3位を獲得するなど、注目のエリア。一建設が用意する物件は、その中心地、原町区エリアの西部に位置。大木戸地区での新築住宅需要に対応し、敷地面積293.82㎡(88.88坪)の広々とした住環境を提供します。センターリビングをベースにした4LDKの平屋は、家族のコミュニケーションを重視し、階段や段差のない設計が特徴です。

平屋のいいところはズバリ、ラクちんでオシャレってこと!まず、階段がないから室内がスッキリ。どこに何を置くか、考えるのもラクかも。

物件概要と設備、価格は?

一建設が手がける平屋の分譲戸建住宅は、所在地が福島県南相馬市原町区。JR常磐線「原ノ町」駅や常磐自動車道「南相馬IC」からアクセス良好。木造1階建ての構造で、間取りは4LDK。敷地面積293.82㎡、建物面積91.09㎡で、2024年1月に完成し、3月には引き渡し予定です。価格は2,730万円(税込)で、お問い合わせは平日の9時から18時まで受け付けいるそうです。

子どもやペットも大はしゃぎ!階段がないから安心して遊ばせられるし、お年寄りにも優しい。

メンテナンスも楽ちん。屋根や外壁の手入れもカンタンにできるから、ストレスなしで過ごせそう。

おわりに

平屋の住まいって、なんだか心地よく自分らしい生活ができそうです。一建設株式会社の平屋なら、理想のライフスタイルが叶いそうですね。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事