【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
福島の自然と技術が生んだ革新酒!「日本酒ではない何か」を追求した、米焼酎蔵がつくるまったく新しい日本の酒「HOBO」新発売!

日本酒の伝統と米焼酎の革新が融合した新たな味わい、それが「HOBO(ホボ)」。

福島県只見町で生まれたこの革新的なリキュールは、日本酒の精髄を受け継ぎながら、まったく新しい酒づくりの先駆者として注目を集めています。

福島の自然と技術が生んだ革新酒!

「日本酒ではない何か」を追求した、米焼酎蔵がつくるまったく新しい日本の酒「HOBO」新発売!

HOBOとは?
「HOBO」は、日本酒の醸造技術と焼酎の蒸留技術を融合させた「ほぼ」日本酒のリキュールだそうです。

米焼酎「ねっか」を醸造用アルコールとして加え、搾った甘酒をブレンドする独自の製法(※特許出願中)によって生まれました。これにより、香り高く品質が安定した新たな酒づくりの可能性が広がりました。

特許取得の革新的な醸造製法
ねっか奥会津蒸留所が開発したHOBOは、特許取得の醸造製法により、酒の品質を安定させる革新的なアプローチを実現しています。

この製法は、香り豊かな吟醸香を持ちながらも、酒税法上はリキュールとして扱われる特性を持っています。

 

農家であるねっかの役員達

商品概要

品名 HOBO Standard
価格(税別) 2500円
品目 リキュール
アルコール度数 15度
内容量 720ml
基盤酒 大吟醸(夢の香/精米歩合40%)
添加酒 甘酒 1型
ラベルデザイン RIO NAKANO @rio.nakano89

おわりに

HOBOは、日本酒の伝統を尊重しつつも、新たなフレーバーや利用方法の提案を可能にする革新的な酒です。福島県の自然と技術が生み出すその魅力に、ぜひ触れてみてください。

【PR】


おすすめの記事