【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
南相馬市、ついに実現!「書かない」「待たない」「回らない」夢の窓口サービス誕生!

南相馬市が、住民の手続き負担を軽減し、職員の業務効率化を図るため、「書かない」「待たない」「回らない」窓口サービスの提供を開始するそうです。

これは、NECが提供する窓口業務支援サービス「NECスマート行政窓口ソリューション 窓口DXSaaS」を導入したもので、デジタル庁が推進する福島県内初の取り組みとなります。

窓口サービスの革新

南相馬市は、2024年3月27日(水)から、NECスマート行政窓口ソリューション 窓口DXSaaSを導入し、「書かない」「待たない」「回らない」窓口サービスを提供します。

これにより、来庁者の手続き負担を軽減し、職員の業務効率化を実現します。

住民の負担軽減

従来の手書き申請から電子申請への移行により、来庁者は最終確認と署名のみで済むようになり、手続き時間が大幅に短縮されます。

また、申請書のデータ連携により、重複入力の手間が省かれ、住民の負担が軽減されます。

職員の業務効率化

NECスマート行政窓口ソリューションの導入により、職員はナビゲーション機能によるサポートを受け、窓口サービスのレベルが均一化されます。

さらに、他システムのデータ活用により、手続き処理時間が短縮され、業務効率が向上します。

おわりに

南相馬市とNECは、今後も窓口改革を推進し、住民サービスの向上と業務効率化を図っていきます。

これにより、住民の負担軽減や手続きのスムーズ化が実現し、より快適な行政サービスが提供されることでしょう。

【PR】


おすすめの記事