【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
【2024年】イトーヨーカドー、遂に福島県内2店舗が閉店!県内から完全撤退

大手スーパーのイトーヨーカドーが、福島県内の2店舗を閉店すると発表しました。福島店は5月6日、郡山店は5月26日に営業を終了する予定です。地元の皆さんにとっては、ちょっぴり寂しいお知らせですね。では、なぜ閉店することになったのか、そして閉店後の展望について詳しく見ていきましょう。

「感謝の気持ちを込めて」 - イトーヨーカドーの閉店コメント

大手スーパーのイトーヨーカドーが福島県内の2店舗の閉店を発表しました。福島店は5月6日、郡山店は5月26日に閉店予定です。セブン&アイホールディングスは「最終日まで感謝の気持ちを込めて従業員一同精一杯営業に取り組んでまいります」とコメントしています。

「なぜ閉店?!」 - 福島店と郡山店の違いと閉店後の未来

なぜ、いつも賑わっていたイトーヨーカドーが閉まることになったのでしょうか?福島店と郡山店では異なる状況があるようです。福島店は閉店後の活用が未定ですが、一方で郡山店はグループ会社のヨークベニマルが新しく出店予定。閉店後の未来が気になりますね。

 

店舗名 閉店日 後継店舗
福島店 5月6日 未定
郡山店 5月26日 ヨークベニマル(予定)

おわりに

イトーヨーカドーが福島県内2店舗の閉店を発表し、地元の皆さんに感謝の気持ちを込めて最後まで営業するとのこと。閉店後の未来には新しい可能性も広がっています。これからも地元のショッピングシーンを見守っていきましょう。

【PR】


おすすめの記事