【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
【手軽&美味】福島の郷土料理「いかにんじん」を「いかにんじんの素」で!


楽天スーパーセール! P最大46倍 6月11日1時59分まで

福島県の美味しいご当地グルメと言えば、「いかにんじん」。テレビ番組で取り上げられ、福島のソウルフードとして親しまれています。今回は、そのいかにんじんの素を使った簡単な作り方をご紹介します。手土産やおうちごはんに最適な、福島の風土を感じる逸品です。

いかにんじんとは?

発祥と歴史

福島の味、お正月の風物詩

福島県の中通り、特に北部で愛されている伝統的な郷土料理、「いかにんじん」今では年中楽しまれていますが、特にお正月の食卓には欠かせない一品。中通りの人々からは「三が日の食卓には必ずあるもの」として親しまれています。

シンプルな名前が物語る通り、材料はイカとニンジンの2つだけ。しかし、そのイカというのは、なんとスルメなのです。スルメは通常、あぶってそのまま食べることが一般的ですが、イカニンジンではスルメが料理の中で活躍しています。このユニークな組み合わせが、地元の人たちに親しまれている要因の一つと言えるでしょう。

福島の中通りから山あいの地域にかけては、魚介の乾物を使用した料理が数多く残されています。スルメや身欠きニシン、干し貝柱などの乾物は保存がきくため、遠くから運ばれ、貴重なタンパク源として活躍してきました。現代においても、これらの伝統的な味わいは郷土の誇りとして、地元の人々によって大切にされています。

そして、イカニンジンは驚くほど簡単に作れる料理。スルメさえあれば、手軽に美味しいイカニンジンを楽しむことができます。何より、お酒のおつまみに最適。日本酒好きな方には、ぜひ一度お試しいただきたい逸品です。福島の風土を感じながら、お家でアレンジしてみてください。

「いかにんじんの素」で手軽に!

【今だけポイント20倍】無添加 切りするめ/110gおつまみ 珍味 イカ 烏賊 いかにんじん いか人参 イカ人参 松前漬

福島名物「いかにんじん」の簡単レシピ

福島県の美味しいご当地グルメ「いかにんじん」が、いかにんじんの素一本で手軽に作れるんです!テレビ番組の秘密のケンミンSHOWでも話題となったこの「いかにんじんのたれ」は、いちいオリジナル内池醸造の「いか人参の素」です。福島のソウルフードを気軽にご家庭でお楽しみください。

【イカ人参の簡単作り方】

材料

  • スルメいか:50g
  • にんじん:160g(約1本)
  • いかにんじんの素(いちいオリジナル内池醸造):160ml

手順

  1. にんじんは皮をむき、5cm程度の細切りにし、スルメいかも同様にはさみで切ります。
  2. 容器ににんじんとスルメいかを入れ、いかにんじんの素を具が浸るように加えます。
  3. そのまま冷蔵庫に入れ、一晩ほど寝かせれば完成です。スルメいかが柔らかくなったら、お好みで醤油、砂糖、みりんなどを加えて「我が家の味」に仕上げましょう。
いかにんじんの素の原材料:

しょうゆ(国内製造)、還元水あめ、清酒、砂糖、発酵調味料、魚介エキス、こんぶエキス、かつお削りぶし/アルコール、ビタミンB1、(一部に小麦・大豆を含む)

栄養成分(100mlあたり):

エネルギー:146kcal、たんぱく質:2.8g、脂質:0g、炭水化物:31.5g、食塩相当量:4.9g

注意事項:

本品にはアルコールが含まれていますので、お酒の弱い方やお子様にはご注意ください。

手軽ないかにんじんの素で、福島の味をお家で存分に楽しんでみてください。手土産やおうちごはんにぴったりですよ!

いかにんじんの食べ方

いかにんじんは通年で楽しめる一品ですが、もともとは冬の保存食として作られていました。そのため、冷えた季節にぴったり。ごはんのおかずや酒のつまみとして、福島の風土を感じながらお楽しみいただけます。

おわりに

「いかにんじん」は福島の風物詩とも言えるご当地グルメ。福島の味覚を手軽に楽しめる、いかにんじんの素をぜひ試してみてください。お土産やご自宅でのお料理に、福島の歴史と伝統が詰まった逸品です。

 

【PR】


おすすめの記事