【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
日本初の恩送りの仕組みが福島で誕生!古民家カフェでフードバンクへ恩送り!?

福島県を中心に広がる温かな仕組みが、日本初の恩送りを実現しました。

福島県福島市に拠点を置くNPO法人チームふくしまとNPO法人0073が共同で、日本初の「お互いさまチケット」導入を発表しました。

これは、古民家カフェ「imoca」で購入したチケットがお弁当屋「みどりや」でも利用でき、さらに困窮世帯支援のフードバンクに送られるという画期的な仕組みです。

 

日本初の恩送り仕組み

"お互いさまチケット"とは?

福島を拠点に展開されるNPO法人チームふくしまが主催するこのプログラムは、誰もが安心して食事を楽しめる社会を目指しています。

その仕組みはシンプル。古民家カフェimocaで事前に購入した「お互いさまチケット」をお弁当屋「みどりや」で利用することができます。このお弁当は、フードバンクを利用する世帯へ送られ、困難な状況にある人々の支援に繋がります。

お互いさまチケットの背景

「お互いさまの街 ふくしま」とは?

この取り組みは、亡き経営者吉成洋拍氏の理念を継承し、福島における困難を共に支えるために始まりました。

"お互いさまチケット"はその一環で、購入したチケットを知らない誰かのために使い、相互支援の輪を広げることを目指しています。福島県内では、100店舗以上でこの取り組みが展開され、地域の絆を深めています。

開催情報と主催者について

NPO法人0073による支援活動

開催日は2024年5月10日(金曜日)で、会場は福島市にある古民家カフェimocaです。

主催はNPO法人0073で、彼らは福島市大波地区で地域振興と営農支援を行っています。永井康統代表は、福島市の復興と地域の活性化に尽力しています。今回の"お互いさまチケット"の導入は、彼らの継続的な取り組みの一環です。

まとめ

この度の「お互いさまチケット」導入は、地域活性化と困窮世帯支援の両立という点で画期的です。

この素晴らしい取り組みは、地域社会の結束を高め、困難な状況にある人々を支える新たな一歩です。

日本中に広がるよう願いを込めて、"お互いさまチケット"の普及にご協力ください。

誰もが安心して暮らせる地域の実現に向けて、今後も目が離せない取り組みです。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事