【PR】
本ページはプロモーションが含まれています



注目記事
福島発!廃棄野菜生まれの植木鉢&カトラリーでSDGsな食卓を実現!

福島県から新しいサステナブルアイテムが登場し、その魅力がMakuakeで200%以上の支持を受けているんです。

捨てられがちな野菜や植物から生まれたセルロースを使用した植木鉢と、竹でできたカトラリーセット。

これからの生活をより持続可能なものに変える一歩として、早速ご紹介いたします!

SDGsへの一歩!福島発トレ食の新素材

捨てられてしまう野菜や植物から、未来の素材を生み出す取り組みが進んでいます。

トレ食株式会社は、福島県南相馬市を拠点に、廃棄される食材から抽出したセルロースを活用し、プラスチックの51%以上を置き換えた植物性製品を開発しました。

これらの製品は、Makuakeでの先行販売が200%超えの支持を集めています。

セルロースとは?

セルロースは植物の主成分で、食物繊維の一種。

今回のプロジェクトでは、これを利用してプラスチックの代替品となる植木鉢とカトラリーセットが生まれました。

トレ食は連携した協力会社との技術開発により、セルロースの効率的な分解技術を確立。これにより、低コストで環境にやさしい製品を実現しました。

Makuakeで先行販売中のアイテム

Makuakeでは、竹の端材からできた軽量で頑丈なカトラリーセットや、トマトの葉から作られた植木鉢が登場しています。

スポークと呼ばれるスプーンとフォークがセットになったカトラリーはアウトドアにぴったり。

一方、トマト葉の植木鉢は観葉植物に最適なデザインで、使い勝手も抜群です。

環境問題への貢献

トレ食は廃棄される竹やトマトの葉を活用し、環境問題の解決に貢献しています。

放置竹林やハウス栽培のトマトの葉は資源として有効活用され、地域社会の循環にも寄与。

これにより、未来の地球を考えたSDGsへの一石を投じています。

未来への提案

トレ食は今後も植物性のセルロース製品を生活の一部として広め、地球の未来に向けた意識の向上を促進していきます。

捨てられる食材から新たな製品を生み出す技術を通じて、持続可能な消費と生産の大切さを訴えています。

概要

会社名 トレ食株式会社
所在地 福島県南相馬市原町区西町3-461-1
代表 沖村 智
設立 2018年6月
事業内容 分解技術を活用した、原料の製造、開発、販売、機械テスト、受託加工

■プロジェクト概要

期間: 2023年12月27日(水)14:00 ~ 2024年3月24日(日)18:00
リターン品: トマトの葉の植木鉢、竹の端材のカトラリーセットなど
詳細: https://www.makuake.com/project/toresyoku/

おわりに

これらの素晴らしい取り組みを支援して、環境にやさしい新しいライフスタイルを手に入れましょう。

Makuakeでの先行販売は3月24日まで。

ぜひこの機会に、未来を考える一歩を踏み出してみてくださいね!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事