【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
【福島県いわき市】紅葉おすすめスポット:錦秋の魅力を堪能しよう!


楽天スーパーセール! P最大46倍 6月11日1時59分まで

いわき市内では10月中旬から11月下旬まで、各地の美しい紅葉を楽しむことができます。渓谷に映える紅葉、黄金色の大銀杏、紅色のトンネル。いわきの紅葉スポットを厳選してご紹介します!

願成寺 国宝白水阿弥陀堂

白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)は、日本の福島県いわき市にある歴史的な寺院の本堂であり、国宝に指定されている建造物です。この建物は、平安時代後期に建てられた仏教寺院で、その美しい建築様式と庭園が評価され、国宝に指定されました。

白水阿弥陀堂は平安時代後期、藤原清衡の娘である徳姫が、夫の岩城則道公の供養のために建立したと伝わる仏教寺院です。この寺院は、約1,000年以上前に建設された歴史的な建造物で、その歴史的背景と美しさが評価されています。

日本の仏教建築の典型である「対称式堂」の一例とされ、この堂は、美しい曲線を描く屋根や、浄土式庭園との調和が特徴で、その建築様式は当時の寺院建築の優美な例とされています。

白水阿弥陀堂の周りには美しい庭園が広がっており、四季折々の美しい景色を楽しむことができます。特に秋には庭園内のイチョウやモミジの木々が美しく紅葉し、多くの訪れる人々を魅了します。

拝観時間

4月~10月 8:30~16:00(閉門)
11月~3月 8:30~15:30(閉門)
※拝観受付は閉門15分前まで

紅葉のライトアップ

いわきの里鬼ヶ城

色づき始め:10月~11月中旬。

住所:いわき市川前町

豊かな自然あふれる鬼ヶ城山の麓にあり、一年を通して様々なアクティビティが楽しめる施設です。

「うつくしま百名山」にも選定される標高887.3mの鬼ケ城山をはじめ、雄大な山々に囲まれたいわきの里 鬼ケ城。

季節ごとに心洗われる景色が広がります。

紅、黄、深い緑など、カラフルに色付いた風景が楽しめます。

鹿又川渓谷

色づき始め 住所:いわき市川前町

おだやかな清流は十和田の奥入瀬を思わせ、透き通った水面に映える新緑と紅葉が楽しめる渓谷です。

夏井川渓谷

住所:いわき市小川町〜川前地内

夏井川渓谷(なついがわけいこく)は、福島県いわき市にある美しい自然景観が広がる渓谷地域です。夏井川渓谷は、清流や滝、断崖、奇岩などが特徴で、多くの人々に自然散策やアウトドア活動の場として楽しまれています。迫力満点の滝や断崖・奇岩を楽しめる美しい渓谷として、多くの方が一年を通して訪れます。

夏井川渓谷錦展望台

住所:いわき市小川町上小川 アカヤシオ群生地で、夏井川渓谷で一番最初に色付くスポット。

例年10月下旬から見頃を迎えます。

二ッ箭山

住所:いわき市小川町上小川 標高709.7mの岩峰。

山頂近くには険しい岩場があり、ロッククライミングが楽しめます。

温泉神社

住所:いわき市常磐湯本町三函322

延喜式内磐城七社の一つで、湯本町の鎮守様として広く崇敬を集めています。

1300年の歴史と温泉の御恵み上代の昔、湯の岳の山頂に鎮座在りしを天武天皇白鳳2年(西暦673年)佐波古神主の大祖小子部連鉏鈞(サヒヂ)の三男直足勅命によりこの湯本三函の地に遷座し、はじめ観音山(湯台山)の中腹にありましたが、最終に明和5年(西暦1768年)現在地に遷座したと伝えられています。大正12年に郷社に列し昭和3年県社に加列されました。
社殿奥の山中に「むすび磐境」があり、神体山である湯ノ岳山麗産の石で六体の磐境が築かれています。

中釜戸シダレモミジ

住所:いわき市渡辺町中釜戸表前117-2

国の天然記念物に指定されているイロハカエデが突然変異した姿です。
大小2本の樹幹が白くねじ曲がり、ところどころにコブができているのが特徴です。
例年11月末から12月上旬にかけて紅葉が見頃を迎えるそうです。

龍神峡

画像提供:一般社団法人 いわき観光まちづくりビューロー

住所:いわき市遠野町滝地内

11月下旬には竜神橋から見返橋まで、彩り豊かなモミジのトンネルが絶え間なく続きます。鮫川の心地よいせせらぎのと大自然の美味しい空気を胸いっぱいに吸いながら散策をすれば、美しい景色にリフレッシュできることでしょう。

まとめ

いわき市内に点在するこれらの素晴らしい紅葉スポットを訪れ、錦秋の美しさを満喫しましょう。紅葉の季節には、美しい自然と文化が調和し、訪れる人々を魅了します。ぜひ、友達や家族と一緒に訪れ、秋の贈り物とも言える紅葉を楽しんでください。

味覚の秋!いわき市のふるさと納税♪

【PR】


おすすめの記事