【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
「木環の杜」が福島県いわき市に新工場を稼働!国産材活用で森林経営と地域経済に貢献

日本の森林資源を活かし、地域経済の活性化に貢献する新たな一歩が踏み出されました。

共同出資会社「木環の杜」が、2026年3月に福島県いわき市に新設工場を稼働させます。

その詳細と意義について、こちらの記事でご紹介します。

「木環の杜」の事業概要

共同出資会社「木環の杜」は、福島県いわき市で新たな工場を稼働させます。国産材を中心に製材や木材加工品を生産し、地域の森林資源を活用しています。住友林業や恒栄資材などの企業が共同出資し、地域経済の振興と持続可能な森林経営を目指しています。

 事業の目的とねらい

「木環の杜」の主な目的は、国産材の活用促進と地域経済の活性化です。特に、ディメンション材の国産化に力を入れ、森林資源の有効活用を図ります。また、国内の住宅建設における木材需要の安定化を目指し、持続可能な木材サプライチェーンの構築を進めます。

3. スケジュールと事業地の概要

工場の建設スケジュールや事業地の詳細についても紹介します。福島県いわき市に位置する四倉中核工業団地での新工場建設は、地域経済の発展に一役買います。

概要

事業地の概要
事業地名称 いわき四倉中核工業団地※1
分譲主 福島県
開発総面積 約127.5ha
事業地面積 約10.4ha(2-1-1区画及び2-3区画の合計)

おわりに

「木環の杜」の新工場稼働は、国産材の活用と地域経済の活性化に大きな期待を寄せます。これからも持続可能な森林経営と地域の発展に向け、さらなる取り組みが期待されます。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事