【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
福島県がデータ連携基盤「都市OS」でデジタル化加速!行政手続オンライン化や防災サービス提供も

~福島県民の利便性向上と行政サービスの効率化を実現~

2024年5月8日 – デジタル庁が推進する都道府県下のデータ連携基盤を統一する取り組みが加速しています。

アクセンチュア株式会社(以下、アクセンチュア)は、本日、福島県が開発したスマートシティのデータ連携基盤「都市OS」を導入し、県下5市と共同利用を開始すると発表しました。

福島県における都市OSの活用

福島県民は今後、都市OS上に構築されたコミュニケーションポータル「ふくしまポータル」から行政手続のオンライン申請やデジタル防災サービスなどへのアクセスが可能になります。

さらに自身の年齢や、居住地、興味関心情報などを登録すると、今夏以降、若者世代向けへの移住支援に関する情報や防災イベントに関するお知らせなど、登録者に関連性の高い情報が自治体から公開された際に自動で配信される予定です。

福島県では、都市OS上に構築されたコミュニケーションポータル「ふくしまポータル」を通じて、以下のようなサービスを提供する予定です。

  • 行政手続のオンライン申請
  • デジタル防災サービス
  • 移住支援情報
  • 防災イベント情報

これらのサービスは、市民が自身の年齢、居住地、興味関心情報などを登録することで、より高度な情報提供を受けることが可能になります。

都市OSとは?

都市OSは、スマートシティのデータ連携やサービス提供の基盤となるクラウド上のデジタルプラットフォームです。従来のITシステムに比べてコストや運用の手間を削減し、分野や地域を超えてデータを連携させることができます。これにより、市民サービスの創出や機能拡張が容易になります。

福島県民の生活が便利&安全に!

福島県民は今後、都市OSを通じて様々なサービスにアクセスできるようになります。オンライン申請やデジタル防災サービスなど、市民のニーズに合わせたサービスが提供されます。また、自治体からの情報配信も自動で行われる予定です。

都市OSの利点

都市OSは、従来のITシステムと比較して以下の利点があります。

  • コスト削減
  • 運用負荷の軽減
  • データ連携の容易化
  • 新規サービスの創出

福島県デジタル変革課のコメント

「本県では、県のデジタル変革(DX)の基本理念である「県民一人一人が豊かさや幸せを実感できる県づくり」を実現するため、スマートシティの取組を推進しており、福島県及び市町村で様々なサービスの導入が可能となる都市OSを構築しました。今後、県民生活の質の向上に寄与するため、導入市町村や都市OSを活用したサービスをさらに拡充させてまいります。」

アクセンチュア ビジネスコンサルティング本部 サステナビリティグループ日本統括 兼 アクセンチュアイノベーションセンター福島 センター共同統括 海老原城一のコメント

「従来のデジタル化の流れは、大都市圏の企業や市民がより多くの利便性を享受する状況であることは否めません。アクセンチュアが会津若松市で取り組み始め、このたび福島県に広がった都市OSは、地域が主体となってデータを活用することで、地域の活力を高めるまちづくりを実現する仕組みです。地域の課題解決モデルと言えるこの仕組みを、これからさらに全国に広げ、日本の社会課題の解決、日本全体の成長に寄与することを目指してまいります。」

アクセンチュアについて

アクセンチュアは、世界120カ国以上で約742,000人の社員が活躍する、世界有数のプロフェッショナル サービス企業です。戦略コンサルティング、テクノロジー、オペレーションズ、インダストリーX、ソングの5つの領域を軸に、幅広いサービス・ソリューションを提供しています。詳しくは、アクセンチュア株式会社のウェブサイトをご覧ください。

まとめ

福島県と5市の取り組みは、スマートシティの実現に向けた大きな一歩です。アクセンチュアの都市OSを活用し、地域の課題解決と市民サービスの向上に努める姿勢は、今後の日本全体の発展にも大きく貢献することでしょう。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事