【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
【福島県】ふくしまSHOWで放送され大注目!福島の絶景温泉地・おすすめ宿紹介特集


楽天スーパーセール! P最大46倍 6月11日1時59分まで

福島の魅力がたっぷりと詰まった温泉地が、11月29日(水)に「ふくしまSHOW」で放送されました!美しい自然の中で湯けむりが舞う、心地よい時間が広がる福島の温泉地を、今回は厳選してご紹介します。放送で特集されたスポットからは、絶景と美味のダブル魅力が詰まった湯めぐりの旅が始まります。一緒に、福島の温泉の魅力に浸りましょう。では、気になる温泉スポットを早速チェックしていきましょう!

    • 住所: 郡山市熱海町熱海5丁目8-60
    • ☏ 024-984-2222

福島県郡山市に佇む磐梯熱海温泉の隠れた宝石、ホテル華の湯。その魅力は、まず30種類ものお風呂で楽しめる癒しの空間。露天風呂や寝湯、ジャグジーなど、多彩な湯船が心身を癒してくれます。

そして、野菜が中心のビュッフェダイニングは、地元の新鮮な食材をふんだんに使用。四季折々の味覚が楽しめ、食事も一つの旅の要素となります。

ホテル華の湯は、広々とした施設が自慢で、イベントや宴会、会議などにも最適。様々な設備と柔軟なスペースが、さまざまなニーズに対応します。

宿泊者には快適な滞在を提供するためのティーラウンジやバー、ナイトクラブも完備。地元の魅力を存分に感じながら、心地よいひとときを過ごせることでしょう。磐梯熱海温泉の隠れ家、ホテル華の湯で心地よい旅の思い出を紡いでみてはいかがでしょうか。

磐梯熱海温泉 - 信濃屋菓子店

  • 住所: 郡山市熱海町熱海1丁目94-2
  • ☏ 024-984-2684
  • 営業時間: 9:00〜17:00

磐梯熱海温泉街に佇む、風情ある老舗の「信濃屋菓子店」。その趣きある外観は、まるで時光を超えてきたかのようで、通りがかりに立ち寄りたくなる雰囲気です。

店内に一歩足を踏み入れれば、そこに広がるのは甘い香りと懐かしい雰囲気。信濃屋菓子店は、添加物を一切使わずに手作りされる大福餅が自慢の逸品。その独自の製法で作り出された大福は、甘さを程よくおさえつつ、素材本来の味わいが感じられる美味しさが特徴です。

久しぶりに足を運び、その伝統の味に触れると、まるで昔ながらの和菓子屋さんの風情がよみがえります。信濃屋菓子店で味わう、懐かしさと美味しさが調和した大福餅は、訪れる人々に心地よいひとときを提供しています。磐梯熱海温泉を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。

土湯温泉 - 新野地温泉 相模屋旅館

  • 住所: 福島市土湯温泉町字野地2
  • ☏ 0242-64-3624

土湯温泉の相模屋旅館は、時代の変遷を感じさせる趣ある温泉地。本館は鉄筋に改装されましたが、温泉小屋や露天風呂、昔ながらの廊下は昔の面影をそのまま残しています。かつての台風で被害を受けた場所を再び復元したエピソードは、主人やご常連が秘湯への深い愛着を示していることを物語っています。

本館には立派な浴室も備わっていますが、やはり鬼面山の山肌を望む風景や、硫化水素の噴気の音と匂いが漂う露天風呂が、温泉の本質を感じさせてくれます。これが観光旅館と秘湯の違いが歴然としている所以です。

親子二代の夫婦が一生懸命に接客に当たっている姿を見ると、湯治場の歴史の中で素朴で良いものは生き続けることを感じます。夏は涼しく、秋には紅葉が一面に広がり、紅の樹海が美しい風景を作り出す、自然に抱かれた温泉地です。その魅力を存分に堪能してください。

 

土湯温泉 - 秘湯 川上温泉

穴湯 半天嵒窟風呂
職人が1年半かけて、手堀りで造りました。 半分洞窟半分露天の珍しいお風呂です。

  • 住所: 福島市土湯温泉町字川上7
  • ☏ 024-595-2136
  • 日帰り入浴: 大人 800円、子ども 400円

川上温泉は、土湯の温泉街から1キロほど奥まった場所に広がる、穴場の温泉宿です。温泉町の喧騒から離れ、緑に囲まれた山肌と川のそばにひっそりと佇んでいます。この場所に足を踏み入れると、まるで別世界に迷い込んだかのような感覚が広がります。これまで有名な地や高級旅館ばかりを訪れていた自分が、こんな素朴で自然に満ちた場所を見過ごしていたことに気づくと、不思議な愉悦が心を満たします。

宿は木造の二階建てで、古き良き日本の趣を感じさせます。木の温もりが心地よく、時の経過を忘れさせてくれます。宿の内風呂はプールのように広く、その一方で山肌を利用した露天風呂は、自然の石が織りなす趣き深い雰囲気が漂います。この温泉は水の量よりも湯の量が非常に豊富で、湯加減に悩まされているとのこと。主人の阿部さんの笑顔が、この温泉への深い愛情を物語っています。

土湯温泉 - 足湯Cafe Casval(キャスバル)

  • 住所: 福島市土湯温泉町杉の下20
  • ☏ 024-5631429
  • 営業時間: 土・日・祝のみ営業

地元を愛し、足湯とカフェを融合させた珍しい店、「CASVAL(キャスバル)」は、土湯に住んでいた店主の二瓶さんが、地元の活性化と温泉文化の復興に心血を注いで営む素敵な場所です。ここでは源泉かけ流しの足湯に浸かりながら、美味しい食事とドリンクを楽しむことができます。

メニュー:

  • 土湯Curry、カレーうどん
  • スフレパンケーキ など

ドリンク:

  • 淹れ立てCoffee
  • 福島産ジュース
  • コロナビール、ワイン

店主の二瓶さんは高校生まで土湯に住み、東京に移ってからもずっと関東で生活していました。震災の年、現役で働いていたため福島に戻ることができず、地元の温泉街の衰退を遠くで見ることしかできませんでした。しかし、退職後、奥様に相談せずに土湯のご実家をカフェに改築し、週末は土湯に通って足湯カフェを営業することを決意。地元愛に溢れたご主人に支えられ、奥様や息子さんの協力もあり、おしゃれな足湯カフェが誕生しました。源泉かけ流しの足湯で至福の時間を過ごせる場所として、地元に新しい息吹を吹き込んでいます。

 

東山温泉 - 庄助の宿 瀧の湯

  • 住所: 会津若松市東山温泉108
  • ☏ 0242-29-1000
  • 日帰り入浴: 1200円

「庄助の宿 瀧の湯」は、日本の温泉文化に深く根ざし、開湯から1300年以上の歴史を誇ります。その風格ある歴史を感じながら、美しい渓流に面した建物は、まさに絶景の宿として知られています。ここからは会津の名所である「伏見ヶ滝」を一望でき、源泉かけ流しの露天風呂と貸切風呂が、自慢の湯宿の魅力を彩ります。

「庄助の宿 瀧の湯」は東山温泉の発祥地であり、文人墨客たちが愛した場所でもあります。竹久夢二や与謝野晶子など、歴史的な人物たちが足を運び、その足跡を託した名湯でもあります。温泉地としての誇りと歴史的な価値を感じながら、伏見ヶ滝の音に包まれた空間で湯浴みを愉しむことができます。日本の温泉文化と自然美が調和した、贅沢で穏やかなひとときを楽しんでください。

東山温泉 - お秀茶屋(おひでちゃや)

  • 住所: 会津若松市東山町石山字天寧308
  • ☏ 0242-27-5100

「お秀茶屋(おひでちゃや)」は、会津若松駅から東山温泉方面に向かう途中に佇む、昔ながらのお家の雰囲気が漂う町の名店です。独特の風情を感じさせる坂道の上に駐車場があり、店内は江戸時代の面影を残す趣のある雰囲気です。

田楽やお蕎麦が楽しめるお店で、創業は延宝年間という歴史を誇ります。メニューには、鰊、コンニャク、餅、生揚げのセットなどがあり、特に注目すべきは餅の美味しさ。柔らかい餅は囲炉裏で焼かれ、炭の香りが広がります。

店内には座敷とテーブル席があり、手塚治虫や永六輔、山下清などの色紙が飾られています。田楽のお店として知られる満田屋にも匹敵する美味しさと、独自の雰囲気が存分に楽しめるお店です。訪れる際には、季節や気温に合わせて楽しむと、より一層味わい深い体験ができそうです。

東山温泉 - 御宿東鳳

  • 住所: 会津若松市東山町大字石山字院内706
  • ☏ 0242-26-4141
  • 日帰り入浴: 大人 1000円〜、小学生以下 500円〜

「御宿東鳳」の魅力の一端は、「宙の湯」と「棚雲の湯」と呼ばれる2つの露天大浴場にあります。この旅館は標高約300mの高台に建ち、会津の山々が広がる素晴らしいロケーションを提供しています。特に、タワー館西側3階に位置する露天風呂からは、会津若松市内の街並みや夕日、夜には満天の星空を望むことができます。

「宙の湯」と「棚雲の湯」の露天大浴場では、まるで空に浮かんでいるかのような開放感が楽しめ、昼は会津若松の美しい街並みを眺めつつ、夜は静寂な中で星空に癒されることができます。この特別な空間で、大自然の美しさに包まれながらリラックスするひとときを過ごせることでしょう。

東山温泉 御宿東鳳はこちら

中ノ沢温泉 - 磐梯西村屋

 

  • 住所: 猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-144
  • ☏ 0242-64-3311
  • 日帰り入浴: 大人 700円

磐梯西村屋は、100%源泉かけ流しの温泉を誇る、100年の歴史を有する隠れた名湯の宿です。安達太良山、磐梯山、吾妻山系に囲まれた静かな山の中に位置し、湯治場としての歴史も古く、西暦1600年頃から温泉が利用されてきました。

酸性度の高い温泉は、胃腸病やリウマチ性疾患、切り傷などにも効能があり、年間を通じて多くの人々が訪れます。近くにはスキー場もあり、冬季にはスキーを楽しむ家族連れにも人気があります。春、夏、秋にはハイキング愛好者も訪れ、山登りの疲れを癒して帰途につく姿が見られます。

高級旅館ではないかもしれませんが、スタッフ一同はお客様が温かい気持ちで帰れるよう心掛け、1度でも多くの方に訪れていただけるよう努めています。温泉と自然に囲まれた磐梯西村屋で、心地よい時間をお過ごしください。

中ノ沢温泉 - 宝来堂

  • 住所: 猪苗代町蚕養沼尻山甲2855-453
  • ☏ 0242-64-3717

中ノ沢温泉の一角に佇む宝来堂製菓は、裏磐梯の五色沼や福島市に抜ける途中の美しい高原地帯に位置する小さな村、猪苗代町沼尻で餅菓子を手がける一軒です。

この地はかつて硫黄の採掘で名高く、会津藩と二本松藩が権益を巡って争った宝の山でした。その歴史的な背景から、沼尻軽便鉄道と呼ばれるトロッコ列車が硫黄を川桁まで運ぶ役目を果たし、古関裕而氏が「高原列車は行く」という名曲を作った場所としても知られています。

宝来堂製菓はのやわらか大福、地域一番の名物である笹だんごが人気です。

潰し餡の豆大福は、蓬の香りと共に美味しさが広がります。

海沿いの絶景温泉 - 勿来温泉 関の湯

  • 住所: いわき市勿来町関田須賀1-4
  • ☏ 0246-65-1126
  • 入泉料金: 大人 2,040円

いわき市に位置する「勿来温泉 関の湯」は、国道6号線沿いにたたずむ温泉施設で、太平洋を一望できる雄大な絶景が自慢です。

手ぶらで訪れても安心なタオルや館内着が用意されており、リクラインニングシートや仮眠室も完備されています。健康ランドのような施設で、週末はオールナイト営業も行っており、手頃な価格で宿泊も楽しむことができます。

お風呂場は特に魅力的で、目の前が広がる太平洋の景色と共に入浴できるという贅沢な環境が広がっています。天然温泉は茶色く色付いた「塩化物泉」で、体を芯から温める心地よい湯であるとのこと。マッサージバスやサウナも充実しており、至福のひとときを提供しています。

海沿いの絶景温泉 - 小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブ(アコーディア・ゴルフ)

  • 住所: いわき市泉町下川字大畑17
  • ☏ 0246-56-3311
  • 入泉料金: 大人 1580円

小名浜オーシャンホテル&ゴルフクラブでは、照島温泉と呼ばれる天然温泉を提供しており、太平洋を一望できる絶景の露天風呂が魅力です。このリゾートホテルの大浴場では、神経痛や筋肉痛、疲労回復に効果があるとされる微黄褐色の温泉に浸かりながら、心身ともにリフレッシュできます。ジャクジーバスやサウナも完備され、快適な温泉体験が楽しめます。

また、この施設は2019年に米国ゴルフダイジェストの『Best Golf Resorts in Asia』に選ばれたことがあり、アジア屈指のリゾートコースとして認められています。ゴルフコースでは、世界的な注目を集める海越えの16番パー3や、太平洋をバックにした18番パー4など、美しい景観と共にゴルフが楽しめます。

天神岬温泉 しおかぜ荘

  • 住所: 楢葉町北田字上ノ原27-29
  • ☏ 0240-25-3113
  • 入泉料金: 大人 700円

「天神岬温泉 しおかぜ荘」は、太平洋の美しい景色が広がる癒しの場です。

訪れる人々は、太平洋の青い波と開放感あふれる空間に包まれながら、特別な温泉浴を楽しむことができます。泉質は黒褐色の塩化物泉で、そのぬるぬるとした感触は、まさに心身を癒す至福のひとときを提供します。源泉100%かけ流しで、肌にも優しいこの温泉は、旅の疲れや様々な不調に対しても高い効果を発揮します。

東日本大震災後、しばらくの間休業していた「天神岬温泉 しおかぜ荘」は、全面リニューアルを経て新たなスタートを迎えました。そのため、設備は新しく、スタッフのサービスも一層充実しています。

ここは単なる温泉施設だけでなく、まさに心と体をリフレッシュさせるための特別な場所。どんなに疲れているときでも、太平洋の青さに溢れた景色と、温泉に浸かることで、日常の喧騒を忘れ、くつろぎのひとときを過ごすことができます。一度足を運んでみてください。「天神岬温泉 しおかぜ荘」が提供する穏やかなひとときは、きっと心に残ることでしょう。

天神岬温泉 アイスショップ ウィンディーランド

  • 住所: しおかぜ荘敷地内
  • ☏ 0240-25-3113

「アイスショップ ウィンディーランド」は、本格イタリアンジェラートが自慢のアイスショップです。毎日手作りされるジェラートは、甘さを程よく抑え、素材の風味を大切にしています。店内には定番のバニラや抹茶、さらに季節ごとに変わる限定フレーバーが豊富に揃っており、新しい味覚の発見が待っています。

フレッシュで上質な素材を使ったジェラートは、その丁寧な仕上げが感じられ、一つ一つが贅沢な味わいを提供しています。日常の小さな幸せや特別なひとときを求めるなら、アイスショップ ウィンディーランドがぴったりです。

みずみずしいフルーツや風味豊かな素材の魅力を存分に味わえる当店で、心地よい時間をお楽しみください。新しい季節に合わせた特別なジェラートもお見逃しなく。

西山温泉 滝の湯旅館

  • 住所: 柳津町砂子原字長坂829
  • ☏ 0241-43-2311

西山温泉 滝の湯旅館は、奥会津の山里に佇む歴史ある温泉旅館です。創業は明治32年(1899年)で、この地に湧く8つの源泉の一つ<神の湯>は、なんと養老元年(717年)に初めて発見されたと言われています。

滝の湯旅館は、源泉を川向いより引湯し、<滝の湯>と<荒湯>の2つの種類の湯を提供しています。客室からは滝谷川と奥会津の自然が広がり、四季折々の風情を感じながらゆったりとくつろげます。明治時代の風情を残す伝統的な旅館と、湯量豊富なかけ流し湯が魅力の一つです。

特に自慢の露天風呂では、滝谷川のせせらぎや奥会津の美しい風景を眺めながら、源泉かけ流しの温泉に浸かることができます。季節ごとに変わる自然の美しさと、温泉の癒しを共に味わえる滝の湯旅館で、穏やかな時間をお楽しみください。

西山温泉 旅館 中の湯

  • 住所: 柳津町砂子原字長窪884
  • ☏ 0241-43-2424

西山温泉 旅館 中の湯は、開湯千二百年余の歴史を誇り、湯の花香る癒しの里です。清流滝谷川に面し、美しい自然と山々に囲まれたこの温泉地は、薬いらずと言われる湯で知られ、古くから近在の人々に愛されています。

宿は大自然にひっそりと佇む、渓流沿いの趣ある場所。昭和の雰囲気を残し、三つの異なる源泉が提供され、どれもが100%源泉かけ流しです。ここでは、時がゆったりと過ぎ、福島県奥会津の山間に抱かれた西山温泉の魅力が感じられます。

宿泊者には、川魚や山菜を使用した贅沢な料理が楽しめ、温泉と美食が調和した癒しの時間を提供しています。西山温泉 旅館 中の湯で、大自然に囲まれた温泉の恵みを心ゆくまでお楽しみください。

西山温泉 ティールーム 山ねこ

  • 住所: 柳津町大字砂子原字居平267
  • ☏ 090-7565-9308
  • 営業時間: 予約のみの営業

「ティールーム山ねこ」は、とても気さくなご主人が営むアットホームな空間です。一度味わったらやみつきになると評判の「山ねこカレー」や、奥会津の新鮮な食材を使用したピザがお客様に大変好評です。

特に「山ねこカレー」は、黒ゴマベースの黒カレーと唐辛子ベースの赤カレーが絶妙にマッチした組み合わせです。黒カレーはマイルドなイメージかと思いきや、苦みを感じる大人の味わいが楽しめます。一方で、赤カレーは見た目ほど辛くなく、ほどよいスパイシーさがあり、本格的なカレー好きな方にも好評です。

ご主人は地元の活性化に積極的に尽力し、農業体験宿泊などのイベントにも協力しています。地元の食材を大切にし、心温まるサービスでお客様をお迎えしている「ティールーム山ねこ」で、美味しい料理とアットホームな雰囲気をご堪能ください。

岳温泉 ながめの館 光雲閣

  • 住所: 二本松市岳温泉1-85
  • ☏ 0243-24-2101

「岳温泉 ながめの館 光雲閣」は、源泉引き湯100%で掛け流しの「本物」の温泉が自慢です。泉質は全国的にも珍しい酸性泉で、女性にとっては嬉しい「美肌の湯」。宿は福島県二本松市の岳温泉に位置し、最も高台に建つまさに「ながめの館」です。

光雲閣は阿武隈山系を一望できる絶景の客室が魅力。高台から眺める景色は格別で、心地よい静寂とともに自然の美しさを満喫できます。また、湯量豊富かけ流しの温泉は体を芯から温め、酸性泉の効果でお肌もしっとりと滑らかになります。

お料理も一手にこなす雲上の幸福を感じさせる逸品で、季節の恵みをふんだんに使った贅沢な味わいが楽しめます。高台の静かなロケーションで、心地よいひとときをお過ごしください。

岳温泉 あだたら山 奥岳の湯

  • 住所: 二本松市永田 長坂国有林13林班
  • ☏ 0243-24-2141
  • 入浴料金: 大人 700円、こども 500円

「あだたら山 奥岳の湯」は、標高950mに位置する日帰り温泉施設で、冬はスキーヤーで賑わい、四季折々の美しい山並みを眺めながら入浴できる魅力があります。源泉かけ流しで使用されるpH2.5の酸性泉は全国的にも珍しく、筋肉痛や神経痛、疲労回復、美肌効果などが期待できると言われています。

特に注目すべきは、内湯の窓を全面開放できる「半露天風呂」。柵がない露天風呂からは、春の新緑や秋の紅葉が一望でき、高村光太郎が詠んだ「ほんとの空」を感じることができます。内湯も源泉かけ流しで、窓を開け放つと外と一体感を味わえ、高原のさわやかな風が入り、心身ともに癒やされます。

「あだたら山 奥岳の湯」はアウトドア活動の合間やリフレッシュに最適な、開放感あふれる温泉施設です。

岳温泉 成駒

  • 住所: 二本松市岳温泉1-115-1
  • ☏ 0243-24-2412

「成駒」は昭和23年に創業し、岳温泉で親しまれている昔ながらの食事処です。こちらのお店では、昭和30年から続くソースかつ丼が特に有名で、そのボリュームと味わいは絶品と評判です。

ソースかつ丼は、肉厚でボリュームたっぷりな一品で、食欲をそそる見た目と共に、満足感を味わえることでしょう。その他にも「かつカレー」や「醤油ラーメン」もお店の人気メニューとして親しまれています。

昔ながらの雰囲気と共に、良質な食材を使用したメニューが揃う「成駒」は、岳温泉を訪れた際に是非とも訪れたい食事処の一つです。

早戸温泉 つるの湯

  • 住所: 三島町大字早戸字湯ノ平888
  • ☏ 0241-52-3324
  • 入浴料金: 大人 600円

「早戸温泉 つるの湯」は、只見川渓谷の絶景を眺めながら、なんと1200年の歴史を誇る薬湯温泉です。その起源は、昔、鶴が傷ついた足を湯につけているのを農夫が試しに入浴したことから始まったといわれています。

こちらの温泉は、源泉掛け流しの湯で、1200年の歴史を感じながら疲れを癒すことができます。さらに、湯の中の泉質が飲泉もできるほど安心・安全なものであることが特徴です。

只見川の四季折々の美しい風景を楽しみながら、歴史ある温泉で心身ともにリフレッシュする贅沢な時間を過ごせるのが、この「早戸温泉 つるの湯」の魅力です。

宮下温泉 栄光舘

  • 住所: 三島町宮下字塩水4113
  • ☏ 0241-52-2636
  • 日帰り入浴: 大人 600円

「宮下温泉 栄光館」は、会津宮下温泉の旅館として知られ、日帰り入浴でも利用できる場所です。内湯は2面が開けていて、L字型の浴槽で、やや熱めの温泉が楽しめます。温泉の成分濃度が濃く、湯口のまわりが赤茶けている様子が特徴的です。

温泉だけでなく、女将さんの丁寧な接客も旅をより心地よくしてくれるようです。宿の場所は表通りから奥まった場所にあり、初めての方はナビを活用することをお勧めします。

客室は川に面した部屋で、リニューアルされたきれいな空間と、川の流れる音を楽しむことができます。夕食や朝食は食事処で提供され、郷土料理や地酒を味わうことができます。価格はリーズナブルで、防音サッシのある部屋も用意されているなど、宿泊客に対する配慮も感じられます。

いわき湯本温泉 雨情の宿 新つた

  • 住所: いわき市常磐湯本町吹谷28
  • ☏ 0246-43-1111
  • 日帰り入浴: 1000円

「雨情の宿 新つた」は、いわき湯本温泉に佇む、野口雨情が愛した宿として知られています。四季の趣を映す庭園露天風呂や、新鮮な魚介類を使った料理が自慢で、湯量も毎分5tと非常に豊富です。

宿の庭園露天風呂は混浴で、女性専用時間帯も設けられているので、リラックスして入浴できます。湯温が高めで、特に露天風呂はしっかりと熱く、適温で癒しのひとときを提供してくれます。

竜王戦第3局の舞台としても知られ、将棋の舞台としても有名です。女将の若松佐代子が藤井聡太が「じゃんがら」をおやつに選んだことに驚いたというエピソードも興味深いですね。

飯坂温泉 丸滝

  • 住所: 福島市飯坂町東滝ノ町15
  • ☏ 024-542-2425

飯坂温泉の丸滝は、明治22年に創業され、福島市飯坂町で伝統的な手作り製法により天然醸造味噌を製造しています。微生物の活動を活かし、長期熟成させることで味噌本来の風味とうまみを引き出す商品づくりを大切にしています。是非、丸滝の味噌や田楽を味わってみてください。

また、飯坂温泉では丸滝が日本で一番最初に始めたとされる温泉玉子があります。その中でも一番とろりとしている玉子で、飯坂温泉街で茹でられています。このラヂウム玉子は、塩コショウしてパンに塗ったり、納豆に混ぜたり、麺に絡めたりと様々な楽しみ方ができます。ぜひお試しください。

甲子温泉 大黒屋

  • 住所: 西郷村真船字寺平1
  • ☏ 0248-36-2301

甲子温泉の旅館大黒屋は、奥甲子に位置する秘湯の一軒宿です。温泉は100%源泉掛け流しで、白河藩主松平定信公も愛したと伝えられる温泉郷です。特に大黒屋の名物である大岩風呂(混浴)は、深さ1.2メートル、縦5メートル、横15メートルの源泉掛け流しの自噴風呂で、女性専用時間も設けられています。館内は全体的に清潔で、特に名物大岩風呂は絶品です。

お料理も大黒屋ならではの特別なもので、上品で深みのあるバランスの取れたお料理だとに大評判です。客室は床暖房が効いており、快適な暖かさを提供しています。館内全体が清潔でキレイに保たれ、快適な滞在が期待できるようです。

母畑温泉 八幡屋

  • 住所: 石川郡石川町母畑
  • ☏ 0247-26-3131

母畑温泉の八幡屋は、素敵な大浴場が魅力の一軒宿です。中央に位置する浴槽はまるで神殿のような内装で、シンプルかつ厳かで豪華な湯心地が楽しめます。朗らかで親切な宿泊客が多く、宿の雰囲気や客層の良さが感じられたようです。

特に大浴場の雰囲気や贅沢な温泉が喜ばれており、貸切風呂ものどかな風景と共に贅沢なひとときを提供しているようです。そのおかげで祖母も安心して入浴に向かえ、感激された様子が伝わっています。施設内では琴や三味線の演奏が行われ、雰囲気が鬼滅の無限城のようだったそうです。芦ノ牧温泉大川荘の親会社ですから似た趣向で行っているのかもしれません。

八幡屋の設備、温泉、料理、サービスは高水準で、プロ旅館100選の1、2位を争う旅館として納得がいくものとなっています。個室での食事も贅沢なひとときを提供し、美味しい食事と地酒、家族との語らいで楽しい時間が過ごせそうです。

まとめ

福島温泉の特集記事をお楽しみいただき、この美しい地の癒しと歴史を共有していただけたことを心より感謝いたします。温泉の湯量や泉質、風情ある宿泊施設や観光地、そして地元の美食まで、福島温泉は多彩で魅力的な要素が満載です。ぜひ、これらの情報を参考にして、福島温泉の旅を計画し、美しい自然と温かなおもてなしに触れ合う素晴らしい時間をお過ごしいただければ幸いです。福島温泉での滞在が皆さまにとって、思い出深いものとなりますように。

福島の温泉で心地よい癒しと贅沢なくつろぎを味わおう。

【PR】


おすすめの記事