【PR】
本ページはプロモーションが含まれています



注目記事
【福島県防災】あばれる君が熱血PR!「これまでの大丈夫が今あぶない!」災害を360度VR映像で疑似体験!

VR映像で災害を疑似体験して備えを万全に

近年、地球温暖化の影響で災害が激甚化・頻発化しています。

過去に経験した災害を教訓に、日頃からしっかりと備えることが重要です。

そこで福島県が制作したのが、VRを活用した防災映像「福島県防災VR」です。

タレントのあばれる君もPRに協力し、「これまでの大丈夫が今あぶない!」と熱く訴えています。

3月22日に公開!2つのVR映像で災害を疑似体験

「福島県防災VR」は、「地震・津波編」と「水害・土砂災害編」の2つのVR映像で構成されています。

スマートフォンがあれば誰でも簡単に視聴でき、まるで災害現場にいるような臨場感を味わえます。

「地震・津波編」では、東日本大震災の津波が襲った沿岸部の街並みを再現

高波が押し寄せ、家屋が倒壊する様子を疑似体験することで、津波の恐ろしさを身をもって知ることができます。

「水害・土砂災害編」では、豪雨による浸水や土砂崩落の被害を再現

濁流に飲み込まれたり、土砂で家が押し流されたりする様子をVR映像で体感することで、水害や土砂災害の危険性を理解することができます。

あばれる君も熱血PR!「VRで疑似体験して、日頃から備えよう!」

福島県出身のタレント、あばれる君も「福島県防災VR」のPRに協力しています。

PR動画では、「これまでの大丈夫が今あぶない!福島県防災VRで災害を擬似体験して日頃から備えよう!」と力強く訴えています。

あばれる君さん自身も、東日本大震災の被災者であり、防災意識の重要性を強く感じています。

VR映像を通して、一人でも多くの人に防災意識を高めてほしいとの願いを込めて、PRに協力しているのです。

2024年3月22日(水)10:00からメディア向け発表会開催!

「福島県防災VR」の本編映像は、2024年3月22日(水)10:00から福島県庁にてメディア向け発表会で公開されます。

発表会には、内堀雅夫 福島県知事とあばれる君さんが登壇し、「福島県防災VR」の重要性について語ります。

発表会後に本編映像が公開される予定ですので、ぜひチェックしてみてください。

福島県民の命を守るために!「福島県防災VR」で備えを万全に

「福島県防災VR」は、VR技術を活用した画期的な防災映像です。

過去の災害を疑似体験することで、一人でも多くの人に防災意識を高めていただき、大切な命を守ることができれば幸いです。

VR映像は、福島県サイト内の特設ページからアクセスできます。

福島県防災VR特設ページ

VR映像で疑似体験して、日頃から災害に備えを万全にしておきましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事