【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
郡山市発!伝統工芸「デコ」の魅力に迫る特別企画展「デコ屋敷のもののまわり」開催中!

地域のものづくりを垣間見る新たな旅の提案です。

今回は、郡山市を拠点に展開されるD&DEPARTMENT FUKUSHIMA by KORIYAMA CITYが開催する特別企画展に焦点を当てます。

福島の伝統工芸である「デコ屋敷」の歴史と魅力に迫る展示が、こおりやま観光案内所内で開催されています。

ぜひ、この機会に福島の風情に触れ、心温まる体験をお楽しみください。

伝統の息吹を感じる「デコ屋敷」の世界

300年以上の歴史を誇る高柴デコ屋敷。ここでは、和紙を重ねて成形し、絵付けを施す伝統的な技術が受け継がれてきました。

縁起物やお守りとして親しまれる「張子」と「三春駒」が、その代表的な作品です。

特別企画展では、さまざまな個性豊かなデコが展示され、その魅力に触れることができます。

特別ツアーでより深くデコ屋敷を体験

特別企画展に合わせて、高柴デコ屋敷特別ツアーが予定されています。

工房を訪れることで、デコの制作工程や歴史に触れる貴重な体験ができます。

詳細はD&DEPARTMENT FUKUSHIMAのInstagramで随時発信されますので、要チェックです!

もののまわりとは?

ものづくりの本質を追求する手法として、D&DEPARTMENTが提唱する「もののまわり」

これは、「もの」を取り巻く地域や暮らし、産業、環境、仲間など、さまざまな視点からその価値を考えるアプローチです。

そして、その「もの」を手に入れることは、その背景や関わりも手に入れることを意味します。

イベント概要

イベント名 【福島県郡山市】デコ(人形)との歩みに触れる。300年続く張り子工房「デコ屋敷」のもののまわり特別企画展開催中
開催場所 こおりやま観光案内所(JR郡山駅2階)
開催期間 6月30日(日)まで
主催 D&DEPARTMENT FUKUSHIMA by KORIYAMA CITY
内容 300年以上の歴史を誇る「デコ屋敷」にフォーカスした特別展示。張子や三春駒などの伝統的な作品や、十二支の張子、三春だるまなどの個性豊かなデコが展示される。また、限定商品の販売や絵付け体験会も行われる。
特別ツアー 令和6年5月下旬に「高柴デコ屋敷特別ツアー」の実施予定。詳細はD&DEPARTMENT FUKUSHIMAのInstagramで公開。

おわりに

福島の伝統工芸である「デコ屋敷」の歴史と魅力に触れるこの特別企画展は、郡山市から新たな地域の魅力を発信します。

ぜひ、こおりやま観光案内所を訪れて、福島ならではの温かさと技術の粋を体験してみてください。展示は6月30日まで開催されています。

【PR】


おすすめの記事