【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
『第2回 NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権』開催決定!エントリー受付開始!

高校生のための最大級のeスポーツ大会、『第2回 NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権』がついに開催決定!

NASEF JAPAN(理事長:松原昭博 特定非営利活動法人国際教育eスポーツ連盟ネットワーク日本本部)は、2024年2月に開催された第1回大会を受けて、さらなる盛り上がりを目指します。

本大会のエントリー受付が6月17日(月)より開始されます。熱いバトルに参加し、全国の頂点を目指しましょう!

大会概要

『第2回 NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権』は、eスポーツを通じて高校生たちが仲間と共に成長し、日頃の練習の成果を発揮する場です。主催はNASEF JAPAN(特定非営利活動法人国際教育eスポーツ連盟ネットワーク日本本部)で、特別協賛には株式会社サードウェーブと株式会社NTTe-Sportsが名を連ねます。

エントリーは6月17日(月)より開始。9月から11月にかけてオンライン予選が行われ、12月に全国決勝が予定されています。詳細は公式WEBサイトでご確認ください。

採用競技タイトル

第2回大会では、以下の競技タイトルが採用されます:

  • フォートナイト部門
  • リーグ・オブ・レジェンド部門
  • VALORANT部門
  • Apex Legends部門(エキシビション)
  • ストリートファイター6部門(エキシビション)

エキシビション部門として新たに追加されたApex Legendsとストリートファイター6は、高校生プレイヤーの要望に応じて選ばれました。エキシビションとされるタイトルもオンライン予選から全国決勝まで公式大会として運営されます。

ブロック制度

第2回大会では新たに「ブロック制度」を導入し、地域や高等学校ごとの特徴を活かした大会運営を行います。全4ブロックに分かれ、それぞれの代表校が全国決勝へ進出します。

東日本全日制高校ブロック

  • 北海道地方
  • 東北地方
  • 関東地方
  • 中部地方

西日本全日制高校ブロック

  • 近畿地方
  • 中国地方
  • 四国地方
  • 九州地方

東日本通信制高校ブロック

  • 北海道地方
  • 東北地方
  • 関東地方
  • 中部地方

西日本通信制高校ブロック

  • 近畿地方
  • 中国地方
  • 四国地方
  • 九州地方

エントリー条件と参加資格

参加資格

  1. 日本国内に在住する高校生、定時制高校生、高等専門学校生(3年生まで)、通信制高等学校生。
  2. 一つのチームメンバーは全員同じ学校に在籍していること。
  3. 参加するチーム内の1名は、主催側と円滑に日本語でコミュニケーションが取れること。

エントリーチーム数の上限

  • フォートナイト部門:同じ高校から10チームまで
  • リーグ・オブ・レジェンド部門、VALORANT部門:同じ高校から各5チームまで
  • Apex Legends部門、ストリートファイター6部門:同じ高校から各3チームまで

※同一選手が複数部門にエントリー可能ですが、同一タイトルの別チームへの参加は不可。

まとめ

『第2回 NASEF JAPAN 全日本高校eスポーツ選手権』は、高校eスポーツの新たな頂点を目指す熱い戦いの場です。エントリー受付は6月17日(月)からスタートだそうです。全国の高校生が集い、最高のチームを目指して競い合います。詳しい情報は大会公式WEBサイトでご確認ください。

【PR】


おすすめの記事