注目記事
【福島県いわき市】東北最大級!体験型水族館。黒潮と赤潮がぶつかる海がテーマの環境型水族館!!

【PR】

「アクアマリンふくしま」は、福島県いわき市小名浜にある水族館で、正式名称は「ふくしま海洋科学館」といいます。この施設は2000年に開館され、愛称の「アクアマリンふくしま」は、全国公募によって選ばれたもので、水族館(Aquarium)と海洋博物館・科学館(Marine Museum)の要素を組み合わせた造語になります。

この水族館は、ガラスで覆われた屋根から太陽の光が差し込み、美しい魚たちを鑑賞できる特徴があります。さらに、本物の植物を使用し、生き物たちが自然な環境で暮らすような展示も行われています。

アクアマリンふくしまは、「潮目の海」をテーマにした水族館で、約800種以上の生物を展示しています。この地域は、暖かい黒潮と冷たい親潮が交わる場所で、多くの魚が生息する好漁場として知られています。

この水族館は、単なる観光施設だけでなく、教育施設としても重要な役割を果たしており、子供たちと一緒に楽しむことができる人気の観光スポットとなっています。

アクアマリンふくしまは、福島県が所有し、指定管理者である公益財団法人ふくしま海洋科学館が運営管理しています。この水族館は、東北地方最大級の水族館であり、多くの水生生物を展示しています。施設内には、大小さまざまな水槽があり、さまざまな海洋生物が展示されています。

アクアマリンふくしまの主な展示エリア・生物一覧

潮目の海・三角トンネル

・わくわく里山・縄文の里:ユーラシアカワウソ、アカネズミなどの生物が展示されています。
・海・生命の進化:スナイロクラゲ、オウムガイ、アメリカカブトガニ、ヒガシナメクジウオ、クロヌタウナギなどが展示されています。
・福島の川と沿岸:ニッコウイワナ、ヤマメ、ゲンゴロウ、タガメなどの生物が展示されています。
北の海の海獣・水鳥:ゴマフアザラシ、トド、ウミガラス、エトピリカなどが展示されています。
・オセアニック・ガレリア:ニホンウナギ、キングエンゼルフィッシュなどの生物が展示されています。
・熱帯アジアの水辺:マレーハコガメ、ブンチョウ、アジアアロワナ、ミナミトビハゼなどが展示されています。
サンゴ礁の海:メガネモチノウオ、テングハギ、ナンヨウハギ、ヘコアユなどが展示されています。
親潮アイスボックス:ハダカカメガイ、ナメダンゴ、トヤマエビなどが展示されています。
潮目の海(黒潮水槽と親潮水槽):マイワシ、カタクチイワシ、カツオ、キハダなどが展示されています。
ふくしまの海~大陸棚への道~:マルアオメエソ、キアンコウ、タカアシガニなどが展示されています。
アクアマリンえっぐ:ユーラシアカワウソ、レッサースローロリス、キンカチョウなどの生物が展示されています。
BIOBIOかっぱの里:トウキョウダルマガエル、ドジョウなどが展示されています。
蛇の目ビーチ:ヒトデ、ナマコなどが展示されています。
シーラカンスの世界:シーラカンス(標本)、インドネシアシーラカンス(標本)などが展示されています。
生きた芸術 金魚:浜錦、オランダシシガシラ、地金、コメットなどが展示されています。
・クウェート・ふくしま友好記念日本庭園:フェネック、錦鯉、葛などが展示されています。

参加体験コーナー

釣り体験

釣り体験

釣り体験は、家族やグループで楽しむことができるアクティビティです。この体験では、釣った魚をその場で食べることができます。以下は詳細な情報です:

  • 受付場所:子ども体験館「アクアマリン えっぐ」釣り場
  • 受付時間:
    • 平日:受付時間は10:00から15:00までで、随時受付を行い、体験時間は10:00から15:30までとなります。1回の体験は30分です。
    • 土日祝日:土日祝日には予約制で、当日現場での時間指定と入れ替え制を採用しています。受付時間は9:00から15:00までで、体験時間は10:00から15:30までです。ただし、混雑時には早めに受付を終了することがあります。
  • 注意事項:
    • 荒天時には釣り体験が中止される場合があります。
    • 9月16日から10月9日までの土日祝日は、受付が9:00から始まり、体験は釣れる具合に応じて最終受付時間が変更されることがあります。

料金について:

  • 竿貸し代:1,000円(ご家族やグループで一竿をご利用ください)
  • 魚1尾:200円(魚代には調理代も含まれます)
  • 釣った魚は釣堀に戻すことはできず、唐揚げに調理されて提供されます。お持ち帰りはできません。

【企画展関連企画】ひみつ道具クイズ

アクアマリンふくしまでは、期間限定の魅力的な企画展が開催中です。この企画展では、展示されている道具や飼育員の仕事に関するクイズが行われており、全問正解すると素敵なオリジナルトレーディングカードを1枚もらうことができます。トレーディングカードには、合計40種類の魚やひみつ道具のイラストが描かれており、楽しみながら飼育員の仕事や生き物について学べます。

  • 企画展「飼育員すばる君のひみつ道具」の期間は、2023年7月15日(土)から2024年2月29日(木)までです。
  • クイズイベントの受付場所は、子ども体験館「アクアマリンえっぐ」内にあるボランティアデスクです。
  • イベントの受付時間は毎日、9:30から15:00までで、随時受付を行っています。

このクイズに参加料金は、1回100円です。正解することで、素敵なトレーディングカードを手に入れることができます。このトレーディングカードには、35種類のふくしまの魚たちのカードが含まれており、魚の生態について「こうげき」「ぼうぎょ」「とくいわざ」といった情報が楽しみながら紹介されています。

さらに、期間限定のひみつ道具カードも用意されており、飼育員のひみつ道具を紹介するカードとして展示されています。期間は2023年7月15日から2024年2月29日までです。カードは「ガチャ」を回して1枚ずつ手に入れることができ、また、「すきなカードを選べる」カプセルも用意されているため、どちらの方式も楽しむことができます。このイベントは、これまで参加経験のある方も初めて参加する方も楽しむことができるので、ぜひ足を運んで楽しんでみてください。

 

営業期間 3月21日から11月30日までは9:00~17:30、12月1日から3月20日までは9:00~17:00。GW、夏季、クリスマスなど特別な期間では開館時間が延長されることがあります。
営業時間 通常期 3月21日~11月30日  9:00~17:30 入館締切:16:30

冬季 12月1日~3月20日     9:00~17:00 入館締切:16:00

休刊日 年中無休で開館いたします。
入園料 大人: 1,850円
小学生~高校生:900円
未就学児: 無料
年間パスポート 大人: 4,250円
小学生: 2,100円
区分 海洋科学館・環境水族館
観覧時間 約1時間30分~3時間
※体験コーナー等に参加した場合、約2時間~半日程度かかります。
お問い合わせ お問い合わせ|アクアマリンふくしま (aquamarine.or.jp)
住所 福島県いわき市小名浜辰巳町50
交通アクセス 常磐自動車道「いわき湯本IC」から車で約20分

泉駅からバスで15分、支所入口から徒歩で10分。

 

まとめ

「環境水族館アクアマリンふくしま」は、福島県いわき市小名浜辰巳町に位置する、東北最大の体験型水族館です。

アクアマリンふくしまは、家族連れ、友達同士、カップル、シニア、一人旅など、さまざまな旅行タイプに対応した楽しい観光スポットとして高評価を受けています。訪れた人々からは、水族館内の多彩な生物や展示物、子供向けの設備、無料のベビーカートの貸し出し、観光のカードの提供、広い駐車場などが高く評価されています。

アクアマリンふくしまは、自然界の美しさと多様性を楽しみながら学び、家族や友達と楽しいひとときを過ごす場所として、福島県いわき市を訪れる観光客にとって魅力的な選択肢の一つです。

おすすめの記事