注目記事
【福島県いわき市】赤井諏訪神社 元旦祭:山外舞で魅せる新春の舞台

【PR】

新年の幕開けを、伝統の舞台で彩り豊かな舞踏とともに迎えませんか?福島県いわき市に佇む【赤井諏訪神社】では、毎年1月1日に行われる『元旦祭』が、山外舞の奉納で賑やかに執り行われます。昭和51年にいわき市の無形民俗文化財に指定された山外舞は、大國魂神社の大和舞を起源とする伝統的な舞踏です。本イベントでは、大黒舞や稲荷舞が披露され、最後のひょっとこ舞では笑顔と歓声が一つになります。

赤井諏訪神社 元旦祭

山外舞の魅力

元旦祭のメインイベントといえば、なんと言っても山外舞の迫力満点な舞台です。昭和51年に無形文化財に指定された山外舞は、大和舞の系譜を引く舞であり、神聖な雰囲気が会場を包みます。大黒舞や稲荷舞の繊細な舞いとともに、ひょっとこ舞では参加者も一緒になって踊り、新年を祝福します。

歴史と伝統

山外舞は、いわき市の歴史と伝統を感じさせる舞台です。大國魂神社の大和舞をルーツに持ち、歴史を紡ぐ舞いが継承されています。この舞台でしか味わえない雰囲気と、舞台裏に隠れた伝統の重みを感じながら、新たな一年の始まりを迎えることができます。

基本情報

開催期間 開催場所 開催時間 住所
2024年1月1日(月・祝) 赤井諏訪神社 6:00~ 〒979-3132 福島県いわき市平赤井字団粉田74

おわりに

新年の訪れとともに、赤井諏訪神社の元旦祭で心温まる瞬間を共有しましょう。山外舞の舞台で迎える新春は、伝統と歓声が交錯し、心に残る一日となることでしょう。ぜひ、家族や友人と共に、新たな年のはじまりを祝福しに足を運んでみてください。

おすすめの記事