【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
【福島県相馬市・いわき市】福島海産物応援フェア開催!都内あえん店舗で味わう常磐ものの魅力

寒さが増すこの季節、温かい食事で身体を温めながら、福島の美味を楽しんでみませんか?モスバーガーを展開する株式会社モスフードサービスが主催する『福島海産物応援フェア』が、都内の「あえん」レストランで2023年11月21日から2024年3月7日までの期間限定で開催されます。福島県相馬市の柳蛸やあおさ海苔など、常磐の新鮮な食材を使用したメニューが登場します。寒い冬にぴったりな温かい料理で、心も体も温まりませんか?

冬の竹籠ご馳走膳

福島の味覚が詰まった贅沢なひととき

今回「あえん」では、福島県相馬市で水揚げされた柳蛸(やなぎだこ)や相馬市松川浦産のあおさ海苔、福島県いわき市や茨城県で水揚げされためひかりなどを使用したメニューをご提供する、『福島海産物応援フェア』を開催します。

福島海産物応援フェアの概要

フェア名 『福島海産物応援フェア』
期間 2023年11月21日(火)~2024年3月7日(木)
実施店舗
  • あえん自由が丘店
  • あえん伊勢丹会館店
  • あえん目白店
  • あえん大崎ThinkPark店
内容 常磐ものや福島県で加工された食材を使用したメニューを提供(※店舗により一部メニューは異なります。)

冷たい風が吹き抜ける季節、福島の豊かな海の幸を味わい尽くすチャンスがやってきました。『福島海産物応援フェア』では、福島県相馬市で水揚げされた柳蛸や相馬市松川浦産のあおさ海苔、福島県いわき市や茨城県で水揚げされためひかりなど、新鮮で旬な食材を使用した特別なメニューが登場します。これらの逸品は、福島の風土と伝統を感じながら、贅沢なひとときを過ごせることでしょう。

復興支援への一環として、『ふくしまみらいチャレンジプロジェクト』に協力

東日本大震災と福島第1原子力発電所事故の影響で大きな試練に直面している常磐地域。そんな中、「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」に協力し、『福島海産物応援フェア』を実施することで、地域の復興支援に一翼を担います。フェア参加で、福島の生産者や事業者への温かい応援をお願いいたします。詳細はふくしまみらいチャレンジプロジェクト公式サイトをご覧ください。

<主なメニュー>

◇阿久津農園産春菊と柳蛸の香味サラダ (1,080円)

柳蛸…福島県相馬市水揚げ/相馬加工
冬に旬を迎える『柳蛸(やなぎだこ)』を、春菊・パプリカ等の香味野菜と一緒にお楽しみいただく冬のサラダ。
醤油ドレッシングをベースに、瀬戸田レモンの爽やかさを添えて。

◇柳蛸の麹から揚げとあおさ海苔の天ぷら (680円)

あおさ海苔…福島県相馬市松川浦産/相馬加工
『柳蛸(やなぎだこ)』を塩麹で漬け込み、から揚げにしました。
『あおさ海苔』の天ぷらは、ふんわりとした食感と鮮やかな色味が楽しめます。

◇めひかりの天ぷら (780円)

めひかり丸干し…福島県いわき市及び茨城県水揚げ/いわき加工
いわき市の魚として認定の『めひかり』を天ぷらにしました。
『めひかり』の美味しさを余すことなくお楽しみいただけます。

◇しまほっけのもろみ醤油炙り焼き (980円)

しまほっけ開き…アメリカ原料/いわき加工
肉厚の『しまほっけ』を炙り焼きにしました。
もろみ醤油の味と香りが『しまほっけ』の旨味を引き立たせます。

◇冬の竹籠ご馳走膳 (3,300円)

阿久津農園産春菊と柳蛸の香味サラダ
風呂吹き大根しょうゆの実と菊花あん
青菜ときのこのお浸し 白胡麻和え
めひかりの天ぷらと赤玉ねぎのピクルス
寒鰤の三五八漬け 鬼おろしあんかけ
お造り
桜山豚と野菜のグリル 麦みそ添え

玄米わっぱめし、あおさの味噌汁

※本資料中の価格はすべて税込です。

「あえん」

「あえん」は“里山の恵み”をキーワードに、新鮮なこだわり野菜や、厳選魚、良質なお肉を使い、素朴な味わいや雰囲気、そして季節の移り変わりを、季節の旬菜料理を通してお楽しみ頂ける和食レストランです。

1999年6月に「自由が丘店」を初出店し、現在では東京都内に4店舗を展開しています。また、レストランスタイルだけではなく食堂タイプの「玄米食堂あえん」を埼玉県と東京都に2店舗展開しています(今回のフェアは実施しません)。店舗名の「あえん」は、「亜鉛」に由来します。「亜鉛」は、肌の新陳代謝や骨の成長、また正常な味覚にとって大切な役割を果たすミネラルです。

まとめ

寒い冬にぴったりの温かい料理と、福島の恵みを存分に味わえる『福島海産物応援フェア』。都内の「あえん」レストランで開催されるこの特別なイベントで、福島の美味に触れ、地域の復興に一緒に力を貸しませんか?是非、期間中に足を運んで、福島の旬の味覚に舌鼓を打ちましょう。

いわき市への旅行を楽しもう!

【PR】


おすすめの記事