【PR】
本ページはプロモーションが含まれています
注目記事
来て割で行きたい! 福島の知られざるグルメ10選!地元民に愛される絶品料理を厳選

福島県は、豊かな自然と歴史・文化に恵まれた地域です。そんな福島県には、ラーメンや餃子などの定番グルメだけでなく、まだまだ知られざる絶品グルメがたくさんあります。ラーメンや餃子などの定番グルメだけでなく、まだまだ知られざる絶品グルメがたくさんあります。今回は、来て割で行きたい!その中から10選をご紹介します。

1. なみえ焼きそば

福島県双葉郡浪江町のご当地グルメです。うどんのような太い麺と、もやしや豚肉などのシンプルな具の組み合わせが特徴です。ラードで炒めることで、香ばしくコクのある味わいに仕上げられています。

なみえ焼きそばの麺は、通常の焼きそばの麺よりも太く、モチモチとした食感が特徴です。具材は、もやしと豚肉が基本ですが、キャベツやニラ、卵などが追加されることもあります。ソースは、濃厚な醤油ベースのソースが一般的です。

なみえ焼きそばを食べる際には、ぜひラード炒めの香ばしさを楽しんでください。また、麺のモチモチとした食感と、具材の旨味をしっかりと味わえるように、よくかき混ぜながら食べるのがおすすめです。

食べるなら、道の駅なみえがおすすめ。

道の駅なみえ

  • 住所:日本、〒979-1513 福島県双葉郡浪江町幾世橋知命寺60
  • 営業時間:月曜日~日曜日 10:00~18:00
  • ウェブサイト:https://michinoeki-namie.jp/

2. こづゆ

福島県会津地方の郷土料理です。貝柱の出汁で薄味に仕立てたお吸い物です。具材は、豆麩、人参、椎茸、里芋、銀杏、きくらげ、糸こんにゃくなど、どれも旬の食材が使われます。

こづゆの歴史は、100年以上前からとされています。昔は「一の重」「二の重」あるいは「一の露」「二の露」と二つのお椀に分けて供されていましたが、昭和60年代頃からは一つのお椀で「こづゆ」として提供されるようになりました。

こづゆは、会津地方の冬の寒い時期に、保存が効く具材を使って作られてきました。貝柱のだしは、旨味とコクが豊かで、具材の味を引き立てます。

こづゆを食べる際は、ぜひ貝柱のだしと具材の旨味をしっかりと味わってみてください。また、お好みで七味唐辛子や柚子胡椒を加えて、風味をプラスするのもおすすめです。

3. 円盤餃子

円盤餃子は、福島県福島市のご当地グルメです。直径20cmほどの大きな餃子です。皮は薄めで、中身は豚肉、ニラ、キャベツなどがたっぷりと詰まっています。

円盤餃子の歴史は、戦後までさかのぼります。当時、福島市には満州から引き揚げてきた人々が多く、彼らが満州で食べていた餃子の味を再現しようと、円盤餃子を作るようになったと言われています。

円盤餃子の特徴は、その大きさです。直径20cmほどの大きさで、通常の餃子と比べると、約10倍の大きさになります。また、皮は薄めで、中身は豚肉、ニラ、キャベツなどがたっぷりと詰まっています。

元祖円盤餃子 満腹

  • 住所:日本、〒960-8105 福島県福島市仲間町1−24
  • 営業時間:月曜日: 16時30分~21時00分、火曜日: 定休日、水曜日: 定休日、木曜日: 16時30分~21時00分、金曜日: 16時30分~21時00分、土曜日: 11時40分~17時00分、日曜日: 11時40分~17時00分
  • ウェブサイト:http://enban.hp.gogo.jp/pc/

4. クリームボックス

クリームボックスは、福島県郡山市が発祥の菓子パンです。1976年に市内のパン屋「ロミオ」で誕生したとされています。

クリームボックスの特徴は、厚みのある食パンの上に、ミルク風味のクリームをたっぷりと塗っていることです。クリームは、生クリームや牛乳、砂糖、卵などを使って作られ、ふんわりとした口当たりと、ほんのりとした甘みが特徴です。

クリームボックスは、郡山市内のいたるパン屋さんで販売されており、高校の売店でもおなじみです。パン屋さんによって、クリームの味や形に違いがありますが、いずれも郡山市民のソウルフードとして愛されています。

クリームボックスは、おやつや朝食として、幅広い世代に人気があります。

大友パン店

大友パン店は、郡山市で創業60年以上の老舗パン屋さんです。

大友パン店のクリームボックスは、ふんわりとした食パンと、甘さ控えめのクリームが特徴です。

大友パン店のクリームボックスは、甘さ控えめなので、飽きずに食べることができます。また、食パンはふんわりとしており、クリームとの相性も抜群です。

住所:〒963-8014 福島県郡山市虎丸町24−9

フォンデュ

フォンデュは、郡山市で人気のパン屋さんです。

フォンデュのクリームボックスは、厚みのある食パンと、濃厚なクリームが特徴です。

住所:〒963-8053 福島県郡山市八山田西5丁目234

両店舗の比較

大友パン店とフォンデュのクリームボックスは、以下の点で違いがあります。

ポイント 大友パン店 フォンデュ
食パンの厚さ 厚め 厚め
クリームの甘さ 控えめ 濃厚
クリームの味わい あっさり コクがある

どちらのクリームボックスも、郡山市民に愛されている名物パンです。ぜひ、お好みのお店で、クリームボックスを味わってみてください。

5. メヒカリの唐揚げ

福島県沖で水揚げされるメヒカリを使った、唐揚げです。メヒカリは、身が引き締まり、脂がのっているのが特徴です。唐揚げにすると、サクサクとした食感と、ジューシーな味わいを楽しむことができます。メヒカリの唐揚げは、お好みでレモンを絞ったり、塩やソースをつけて味わったりしてもおいしくいただけます。

いわき市内ですと、よくお店のメニューに載っています。

6. 会津馬刺し

会津馬刺しは、福島県会津地方を代表する郷土料理です。馬肉を薄切りにして、醤油や味噌などで味付けしたもので、さっぱりとした味わいが特徴です。

会津馬刺しの歴史は古く、江戸時代にはすでに食べられていたとされています。当時は、馬肉は貴重な食材であり、会津藩の武士や豪農の間で食べられていたそうです。

会津馬刺しの原料となる馬肉は、会津地方で飼育されている「会津馬」を使用しています。会津馬は、寒冷な気候に適した馬で、脂肪が少なく、赤身が多いのが特徴です。そのため、さっぱりとした味わいの馬刺しに仕上がります。

7. 喜多方ラーメン

喜多方ラーメンは、福島県喜多方市発祥のご当地ラーメンです。2006年1月の市町村合併前の旧喜多方市では、人口37,000人あまりに対し120軒ほどのラーメン店があり、対人口比の店舗数では日本一であった。札幌ラーメン、博多ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられています。

スープは、豚骨と煮干しをベースに、数種類の野菜や香辛料を加えて、じっくりと煮込んで作られます。あっさりとした味わいで、後味がさっぱりとしています。

麺は、平打ちで縮れのある、コシのある麺です。喜多方産の小麦粉を使用しており、手もみ製法で作られています。

具材は、チャーシュー、メンマ、ナルト、ねぎが一般的です。チャーシューは、薄切りのものが使われることが多いです。

8. 白河ラーメン

白河ラーメンは、福島県白河市発祥のご当地ラーメンです。喜多方ラーメン、札幌ラーメンと並んで日本三大ラーメンの一つに数えられています。

白河ラーメンは、1923年に、白河市の「亀屋」で考案されたと言われています。当時、そば屋を営んでいた竹井寅次氏が、ラーメンの麺に蕎麦粉を混ぜて、コシのある麺を作ったのが始まりだとされています。

白河ラーメンは、あっさりとした味わいと、コシのある麺が特徴で、全国的に人気があります。福島県内には、白河ラーメンの専門店が数多くあり、本場の味を楽しむことができます。

9. 山の芋料理

福島県は、山の芋の産地として知られています。福島県でとれる山の芋は、粘り気が強く、甘みと香りが豊かです。そのため、さまざまな料理に使われ、隠れたグルメとして人気があります。

以下に、福島県の隠れグルメ10選の山の芋料理をご紹介します。

  • 山の芋の磯辺揚げ(会津若松市)

会津若松市の名物料理です。山の芋を薄切りにして、磯辺で巻いて揚げたものです。サクサクの磯辺と、山の芋の粘り気が絶妙な組み合わせで、一度食べたらやみつきになります。

  • 山の芋の天ぷら(郡山市)

郡山市の名物料理です。山の芋を天ぷら粉で衣をつけて揚げたものです。サクサクの衣と、山の芋の粘り気が楽しめる一品です。

  • 山の芋の揚げ出し(喜多方市)

喜多方市の名物料理です。山の芋を薄切りにして、だし汁で煮たものです。そばやうどんの薬味として使われます。

  • 山の芋の田楽(いわき市)

いわき市の名物料理です。山の芋を田楽味噌をつけて焼いたものです。ほくほくとした山の芋と、甘辛い田楽味噌がよく合います。

  • 山の芋のひっつみ(会津地方)

会津地方の郷土料理です。山の芋をすりおろして、だし汁で溶いて、小麦粉を加えて練ったもので、団子状に成形して茹でます。

  • 山の芋のきんぴら(福島県内全域)

福島県内全域で食べられる料理です。山の芋を細切りにして、醤油や砂糖、みりんで味付けしたものです。

  • 山の芋の天ぷらそば(福島県内全域)

福島県内全域で食べられる料理です。そばに、山の芋の天ぷらが添えられたものです。

  • 山の芋の汁そば(福島県内全域)

福島県内全域で食べられる料理です。そばに、山の芋のだし汁が添えられたものです。

これらの山の芋料理は、福島県内の郷土料理として親しまれています。ぜひ、福島県を訪れた際には、山の芋料理を味わってみてください。

10. 安達太良カレー

安達太良カレーとは、福島県二本松市周辺で提供されるご当地カレーです。安達太良山の登山客がスタミナを手軽に取れることから、古くから慣れ親しまれていて、それぞれ地元の食材をふんだんに使用するなど工夫を凝らしています。

安達太良カレーの特徴は、以下のとおりです。

  • スープ:豚骨や鶏ガラ、野菜など、福島県産の食材をベースにした、あっさりとした味わい。
  • 具材:牛肉や馬肉、山の芋、きのこなど、福島県産の食材をふんだんに使用。

スープは、豚骨や鶏ガラ、野菜など、福島県産の食材をベースに、じっくりと煮込んで作られます。あっさりとした味わいで、後味がさっぱりとしています。

具材は、牛肉や馬肉、山の芋、きのこなど、福島県産の食材をふんだんに使用しています。牛肉や馬肉は、肉の旨味を存分に味わうことができます。山の芋やきのこは、食感や風味のアクセントになっています。

安達太良カレーは、1970年代に、二本松市の「やきとり店 山岡」で考案されたと言われています。当時、安達太良山の登山客が、スタミナをつけるために、カレーを販売していたそうです。

おわりに

これらのグルメは、いずれも地元の人々に愛されているものばかりです。福島県を訪れる際には、ぜひ一度味わってみてください。

【PR】


おすすめの記事