【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
【福島県】「メタ旅ふくしま」で福島をバーチャル旅行!友達や家族と一緒に買い物も楽しめる新感覚体験、2024年4月26日サービス開始予定

福島県の美しい風景や特産品、観光地など、魅力的な要素がたくさん詰まった新しい仮想空間が誕生します。「メタ旅ふくしま」は、いつでもどこでも離れた友達や家族と一緒に楽しめる、まさに新たな旅の形。福島の魅力を余すことなく紹介するこの仮想空間について、詳しくご紹介いたします。

福島の魅力が広がる新しい仮想空間「メタ旅ふくしま」

エリア コンセプト 特徴
商店街 特産品販売エリア 福島の特産品が並ぶショッピングエリア。アバターを使って実際に購入可能。
観光城 観光地・宿泊施設紹介 福島の観光地や宿泊施設を紹介するエリア。リアルな建物や風景を再現。
食の建物 美食紹介エリア 福島の美味しい食を紹介する建物。地元の食材や料理が楽しめる。
産業博 地元企業の取り組み紹介 福島の地元企業の取り組みや製品が展示されるエリア。交流ができる場も。

サービス開始予定日: 2024年4月26日

開発企業: 陰山建設株式会社 他

公式サイト: https://lp.meta-tabi.jp/fukushima

公式Twitter: https://twitter.com/metatabi_jp

※画像は開発段階のイメージで実際の画面とは異なる場合があります。

福島県を拠点にする陰山建設などが手がける「メタ旅ふくしま」は、インターネット上のメタバースを活用し、福島の特産品や観光地、イベント情報などを発信する新しい仮想空間です。建物や風景の再現度が高く、アバターを使って自由に仮想空間を歩くことができます。

メタ旅の楽しみ方:買い物、情報交換、観光を満喫

「メタ旅ふくしま」では、商店街、観光城、食の建物、産業博などのエリアで福島の魅力が広がります。商店街では特産品が販売され、観光城では観光地や宿泊施設が紹介されます。これらのエリアでは他の利用者との交流も楽しめ、低コストで企業も自社商品をアピールできます。

サービス開始は4月26日予定

24時間アクセス可能な新たな旅への誘い

「メタ旅ふくしま」は、2024年4月26日にサービスを開始予定。郡山建装の平栗駿専務によれば、「仮想空間は24時間365日アクセス可能。福島の魅力を世界中に発信したい」という意気込みで、ますます期待が高まります。

おわりに

「メタ旅ふくしま」は、福島県の素晴らしい魅力を世界中に発信する新たな旅のスタイル。仮想空間を使って、友達や家族と一緒に楽しむことができ、福島の特産品や風景を存分に味わえます。2024年春に公開予定となっており、開発状況やリリース情報は公式SNSで随時発信されます。新しい旅への期待が膨らむ中、オンラインでの出展説明会への参加もお忘れなく。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事