【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
【福島県いわき市】神秘的な夜の水族館へ『大人のための宿泊ナイトツアー』《要事前申込》


楽天スーパーセール! P最大46倍 6月11日1時59分まで

夜になると、水族館は別世界となります。光り輝く生き物たち、神秘的な雰囲気の中で、大人たちが夢のような時間を過ごす――。そんな贅沢な経験ができるイベント、「飼育員と学ぼうアクアマリン調査隊『大人のための宿泊ナイトツアー』」が開催されます。今回は、女性限定で大人の方を対象としたプログラムです。非日常の大人の冒険が待っています!

大人のための夢の宿泊ナイトツアーがやってくる!

イベント詳細情報

イベント名 飼育員と学ぼうアクアマリン調査隊「大人のための宿泊ナイトツアー」《要事前申込》
日時 2024年1月20日(土)~21日(日)
時間 16:00~翌日9:00
会場 アクアマリンふくしま
住所  〒971-8101 福島県いわき市小名浜辰巳町50
料金 1名10,000円(別途入館料必要)

応募条件

  • 開催日:2024年1月20日(土)~21日(日)
  • 開催時間:16:00~翌日9:00
  • 対象:大人(18歳以上の女性限定)※高校生のみの参加は不可
  • 定員:20名(応募者多数の場合は抽選)
  • 参加費:1名10,000円(別途入館料必要)

星降る夜に贈る、アクアマリンふくしまの特別企画

水族館といえば、昼間に楽しむもの。しかし、アクアマリンふくしまでは、大人のための夢のような夜を演出する「大人のための宿泊ナイトツアー」を開催!1月20日(土)から21日(日)まで、星降る夜に、大人たちが水族館の中で特別な冒険に出発します。

夜の生き物たちの様子を観察し、普段との違いを学びます。夜は大水槽の前に泊まります。今回は、昼と夜の館内見学ツアー、飼育員によるスペシャルバックヤードツアー、デザートや飼育員との会話を楽しめる大水槽前でのくつろぎタイム、アザラシの給餌見学、黒潮水槽での給餌体験など盛りだくさんの内容になっています。

ナイトツアーの魅力、一挙紹介!

1. 昼夜の館内見学ツアー

通常では見られない生き物たちの夜の様子を観察。光と影のコントラストが、生きものたちの新たな一面を浮かび上がらせます。

2. 飼育員によるスペシャルバックヤードツアー

水族館の舞台裏へ潜入!飼育員が日頃の業務や生きものたちの面白いエピソードを披露します。

3. 大水槽前でのくつろぎタイム

デザートと共に飼育員とのアットホームな交流。大水槽の前でのくつろぎながら、普段は知りえない水族館の興奮話を聞くことができます。

4. アザラシの給餌見学、黒潮水槽での給餌体験

アクアマリンふくしまの人気者、アザラシの給餌見学や、黒潮水槽での給餌体験など、参加者は生きものたちとのふれあいを満喫できます。

5. 夜の水族館での泊まりがけ体験

大人たちは夢の中ではなく、水族館内に宿泊。星空の下、波の音を聞きながら、まるで海の中にいるかのような贅沢な夜を楽しむことができます。

参加者の声

昨年参加した私たちは、まるで夢の中にいるかのような素晴らしい経験をしました。特に飼育員との交流が楽しく、水族館の裏側を知ることができ、生きものたちに一層興味を持つようになりました。

環境水族館 アクアマリンふくしまとは?

アクアマリンふくしまは、福島県いわき市に位置する楽しく学べる体験型水族館です。福島県沖の特徴である潮目の海をテーマに、800種を超える生物が展示され、訪れる人々に興味深い海洋の世界を提供しています。さらに、日常的な生活の中で味わえる様々な体験イベントやお土産コーナー、レストランがあるため、家族連れでも楽しめるスポットとして親しまれています。

施設名称 アクアマリンふくしま
住所 福島県いわき市小名浜字辰巳町50
料金 大人:1,850円
小〜高校生:900円
未就学児:無料
※高校生は学生証をご持参下さい
営業時間 通常期(3月21日〜11月30日):9:00〜17:30
冬季(12月1日〜3月20日):9:00〜17:00
定休日 無休
アクセス 電車で:
JR泉駅からバス約15分「イオンモールいわき小名浜」バス停下車徒歩約5分車で:
いわき湯本ICから約20分
駐車場 1500台
問い合わせ先 アクアマリンふくしま
電話番号:0246-73-2525
WEBサイト

申し込み方法

プログラムの参加には事前に申し込みが必要です。こちらのリンクから専用の応募フォームにアクセスし、申し込みを完了してください。申込期間は2023年11月20日(月)9:00~12月20日(水)17: 00までです。応募多数の場合は、抽選となりますのでお早めに!

いわき市の楽しさ満載!
湯本温泉やドーム6個分の敷地に6つのテーマパーク<ハワイアンズ>も

 

【PR】


おすすめの記事