【PR】
本ページはプロモーションが含まれています

注目記事
福島県郡山市:物流施設や直売所開発規制を緩和!地域活性化に期待

郡山市は、2024年4月に「郡山市市街化調整区域地区計画運用指針」を改定し、物流施設や直売所などの開発規制を緩和しました。

この改定により、地域経済の活性化や市民ニーズへの対応が期待されています。

 

物流系施設の開発規制緩和

従来、物流系施設の開発はインターチェンジ周辺の区域に限られていましたが、今回の改定により、都市計画道路沿線など一部の幹線道路沿線でも開発が可能となりました。

建設できる建築物の用途制限も緩和

これまで建築可能だった工場、研究開発施設、物流施設に加え、農産品や特産品の直売所、観光振興施設の建築も可能となりました。

開発許可の条件

指定路線沿線の地権者が約2ヘクタール以上かつ20ヘクタール未満で開発を希望する場合、都市計画法に基づく地区計画の素案を作成し、市に提案する必要があります。

国や県、市との協議、市都市計画審議会の審議などを経て、必要性が認められれば開発可能となります。

この改定による期待される効果

  • 地域経済の活性化
  • 雇用創出
  • 農産品や特産品の流通促進
  • 観光客誘致

おわりに

郡山市の地区計画運用指針の改定は、地域の発展を見据えた重要な一歩です。

郡山市では、物流施設や直売所などの建設規制が緩和されました。これにより、地域経済が活性化し、雇用が増える可能性があります。

物流施設や直売所などの開発が促進されることで、地域経済の活性化や雇用創出に寄与すると期待されます。

市民の生活や地域社会の発展に向けて、さらなる前進が期待される動きです。

【PR】



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事