注目記事
福島県田村市から生まれた新ブランド米「むびょう」がふるさと納税特典として登場!食味値89の特別なお米をご紹介

【PR】

福島県田村市が誇る特産米「ひとめぼれ」が、新たなるブランド米「むびょう」として誕生しました!2023年11月22日から、この特別なお米が田村市ふるさと納税の特典として提供されます。「むびょう」は、食べやすさ、料理の引き立てる力、そして冷めても美味しいという3つの要素に焦点を当てて開発され、田村市ならではの「ひとめぼれ」と福島県独自品種「天のつぶ」が絶妙なバランスで調合されました。さらに、食味値89の高い数値を実現し、無病息災を願って誕生した「むびょう」の魅力をご紹介します。

田村市ふるさと納税にて限定提供 2023年11月22日提供開始

 「むびょう」のこだわり調合で生まれた特別なお米!

福島県田村市が誇る「ひとめぼれ」と福島県独自品種「天のつぶ」を使用し、食味値89の高いお米「むびょう」が誕生しました。お米のプロによる厳しい選定と調合により、粘り・甘味・硬さのバランスが絶妙に調和し、どんな料理にもマッチするあっさりとした食味が特徴です。

ふるさと納税で手に入る特典!

2023年11月22日から、田村市ふるさと納税サイトにて「むびょう」が数量限定で提供されます。5kgの袋詰めで、寄附額は8,500円〜。発売日から限定2,800袋の製造となっており、美味しいお米を手に入れるチャンスです。

伝統と願いが込められた「むびょう」のパッケージ

田村市の願いが込められた「むびょう」のパッケージは、田村市の文化財「お人形様」をモチーフにしています。江戸時代には疫病を避けるために祀られたとされる「お人形様」が、無病息災を祈る田村の願いを象徴しています。

食味値「89」の高い値を実現

田村市産「ひとめぼれ」の高品質なお米を厳選し、福島県独自品種「天のつぶ」と調合。

バランス値「9.3」・食味値「89」の高い数値を実現しました。

お米のプロが厳選・調合、食べ比べを経て誕生

お米のプロが厳選・調合し、粘り・甘味・硬さのバランスを考慮。あっさりとした食味で、どの料理・おかずにも相性抜群。田村市、東北むらせ、Shiftによる数回の食べ比べを経て、この特別なお米が誕生しました。

誕生の背景と想い                

無病息災を祈る、田村の願いを込めてパッケージは、田村市の文化財「お人形様」をモチーフにしています。伝承によると、江戸時代、疫病が広まり国民の生活を脅かしていました。この疫病を避けるため、地域の人々は魔よけの守り神として、にらみを利かせた「お人形様」を祀ったとされ、無病息災を祈り現在も地域の人々の手で伝統が守られています。田村のお米もこの伝統とともに絶え間なく作り継がれてきました。「お人形様のように田村で作られるお米で多くの人々が無病息災になってほしい」と願いを込めて作られた米が「独自調合米 むびょう」だそうです。

福島県田村市が誇る「ひとめぼれ」

福島県田村市の自慢である「ひとめぼれ」は、特有の気候と土壌で生育し、情熱的な生産者たちの手で一つ一つ心を込めて育てられています。このお米は粘り、輝き、旨味、甘味、香りの調和が絶妙で、様々な料理においても高い評価を受けていますが、その魅力はまだ全国的に広く知られていません。まずは「田村市独自調合米 むびょう」を通して、ひとめぼれの特性を広く知っていただき、美味しさを共有したいという思いから始まりました。

「むびょう」に使用されるひとめぼれは、阿武隈高原の標高約600mの高地で育てられた夏の高温にも

負けない高品質なお米です。全国的な白未熟粒の割合が通常2割程度である中、むびょうに使用されるひとめぼれの白未熟粒は10%以下となっています。さらに、東北むらせの設備で厳選された眩いお米に仕上がっています。

まとめ

「むびょう」は福島県田村市の誇りである「ひとめぼれ」をベースに、独自の調合で生み出された特別なお米です。この機会に、ふるさと納税を通じて福島の美味しいお米をお得に手に入れ、無病息災の願いを込めてください。田村市ふるさと納税サイト(https://www.city.tamura.lg.jp/soshiki/3/furusato-nozei.html)から詳細を確認し、美味しい「むびょう」をお楽しみください。

おすすめ

おすすめの記事