【PR】
本ページはプロモーションが含まれています



注目記事
【福島県双葉町】双葉町の可能性は無限大!双葉町の可能性を創造するプロジェクト『Draw in FUTABA』始動!

東日本大震災から13年。

福島県双葉町は、復興に向けて新たな一歩を踏み出します。

様々な分野のクリエイターと共に、双葉町の可能性を探求し、未来を創造するプロジェクト『Draw in FUTABA』が始動しました。

双葉町:可能性のキャンバス

2011年の原子力災害によって、全町避難を余儀なくされた双葉町。

しかし、2022年夏に避難指示が解除され、復興への道筋が示されました。

広大な土地は、まるで未来を描くための真っ白なキャンバスのようです。

クリエイターの力で、未来を描く

『Draw in FUTABA』は、双葉町の可能性を最大限に引き出すことを目的としたプロジェクトです。

建築家、デザイナー、アーティストなど、様々な分野のクリエイターが集結し、双葉町の未来を創造するアイデアを競い合います。

『Futaba Drawing Camp』:創造の場

その第一歩として、2023年10月に『Futaba Drawing Camp』が開催されました。

参加したクリエイターたちは、双葉町を実際に訪れ、住民との交流やワークショップを通して、双葉町の魅力を再発見しました。

そして、それぞれの専門性を活かした独創的なアイデアを次々と発表しました。

「Draw in FUTABA」の背景と概要

東日本大震災後、福島浜通り地域で展開される「福島浜通り映像・芸術文化プロジェクト」を経て、「Draw in FUTABA」が誕生しました。

双葉町、特に福島第一原発が立地するこの地で、新たな未来を切り開くためのプロジェクトが動き出しました。

被災地の復興を新たなアプローチで考え、地域活性化に資する映像・芸術文化を通じた施策が進行中です。

双葉町の可能性とは?

全町避難が続いた双葉町。その避難も2022年夏に解消し、現在は約100人の人口が戻ってきました。

未活用の土地が点在するこの町を、プロジェクトは「これからどんな姿にもなれる町」と位置づけ、様々なクリエイターたちと共に未知の可能性を描き出しています。

ビジョン映像公開:夢を形に

キャンプで生まれたアイデアは、ビジョン映像にまとめられました。

広大な土地を活用したアクティビティエリアや、自然と共生するコミュニティ、次世代を担う子供たちの学び舎など、双葉町の可能性を鮮やかに表現しています。

Draw in FUTABA 概要

プロジェクト名称 Draw in FUTABA
主催 CHOCOLATE Inc. と 双葉町
開始日 2024年2月15日(木)
参加者・賛同企業募集開始日 2024年2月15日(木)
プロジェクト公式サイト Draw in FUTABA サイト
Futaba Drawing Camp 開催予定 2024年から複数回
ビジョン映像・ドキュメンタリー映像公開 20242月15日(木)
活動背景 東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故の影響から双葉町の未来への新たなアプローチ
目的 双葉町の未知の可能性を様々な分野のクリエイターと共に描き、新たな挑戦の機会を創出
「Futaba Drawing Camp」概要 2024年から複数回開催予定。現地リサーチやワークショップを通じてクリエイターがビジョンを具体的に描く

まとめ

『Draw in FUTABA』は、クリエイターだけでなく、賛同企業や地域住民も参加できるプロジェクトです。

双葉町の未来を共に創造したいという熱い思いを持つ方は、ぜひプロジェクトに参加してみませんか?

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事